八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


4/21『初心者のための上方伝統芸能ナイト』(大阪)

【初心者のための上方伝統芸能ナイト!】ホームページより。

Sエリア4,500円/Aエリア4,000円/Bエリア3,500円詳しくは《チケット申込》をご覧下さい

第110回

4月21日(土)
開演18:00(開場:17:15)
司会:桂春蝶

「春爛漫」編
講談
 旭堂南湖
狂言
 善竹隆司・隆平
落語 (当日のお楽しみ)
 桂春蝶
素浄瑠璃 〈花競四季寿〉より関寺小町・鷺娘
 竹本津駒大夫
 竹澤宗助・豊澤龍爾
体験:素浄瑠璃


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

【文化デジタルライブラリー】舞台芸術教材「文楽編 作品解説(絵本太功記・夏祭浪花鑑)」登場!

文化デジタルライブラリー】より。

トピックス

2012.03.01舞台芸術教材「歌舞伎編 黙阿弥」「文楽編 作品解説(絵本太功記・夏祭浪花鑑)」を公開しました。


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【毎日新聞】より。

橋下市政 揺れる文楽 補助金凍結…地方公演厳しく(2012.2.25 07:59)

補助金削減が直撃する文楽の地方公演。写真は昨年10月、群馬県高崎市で上演された「摂州合邦辻」 (頼光和弘撮影)

 ■「協会組織は改革必要」の声も

 大阪が生んだ伝統文化、文楽が、橋下徹大阪市長(42)の下で揺れている。府知事時代に財団法人文楽協会への府補助金を半減させた橋下氏が、20日に発表した平成24年度市当初予算案で、年5200万円あった補助金を凍結したためだ。同協会は「これ以上削減されれば、文楽の地方公演などが厳しくなる」と訴えている。(飯塚友子)

 「文化についても、努力に応じて公の助成をしていくことを基本姿勢としていきたい」。橋下市長は20日の会見で補助金についてこう語り、7月編成の本予算に向け厳しい態度で臨むことを宣言した。文楽協会に対しては市特別参与による聞き取り調査が始まり、同協会職員は「補助金ゼロの可能性もある」と危機感を募らせる。

 橋下氏は府知事時代、それまで年3600万円あった文楽協会への補助金を、23年度には2千万円に減額。21年には国立文楽劇場(大阪市)の舞台を見て「二度と文楽を見ることはない」と突き放したこともあった。

 市長就任後の今年1月、竹本住大夫さん(87)ら人間国宝6人を含む文楽技芸員(太夫、三味線、人形遣い)が、報道各社に書面を送付。「一度失われた文化・伝統は、もはや回復不可能なものです。特に大阪で生まれ育った文楽の灯は決して消してはいけない」と訴えた。

 文楽は国際的評価が高く、3人で1体の人形を遣う世界でも例のない日本固有の文化として、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている。現在81人の技芸員は文楽協会に所属し、協会が国立文楽劇場、国立劇場(東京・隼町)と契約を結び、技芸員を派遣する形で公演を行っている。

 同協会の収入は興行収入が8割、補助金が2割を占め、その内訳は国が8千万円、市が5200万円、府が2070万円(23年度)。興行収入と補助金を合わせた事業活動収入は22年度実績で7億6588万円で、ここから技芸員の出演料や、協会職員(事務職8人、「床世話」と呼ばれる裏方4人)の給与が支払われている。

 大阪、東京合わせ年8回の本公演は各劇場主催で行われるため、市の補助金減が直ちに影響することはないが、同協会は「協会主催で毎年約30カ所を回っている地方公演が難しくなる」と懸念する。

 橋下市長は1月の府市統合本部会合で「文楽協会は文化の名をかたった行政と外郭(天下り)団体の構造。文楽は守るが文楽協会は守らない」と発言。ツイッターでも歌舞伎などを引き合いに「芸事の皆さんはお客さんを集めるため、身分保障などない所でなりふり構わず汗をかかれています」と文楽関係者を叱咤(しった)している。

 一方、三味線の人間国宝、鶴澤清治さん(66)は「文楽は人形の大きさの制約もあり、大劇場では公演できない」と指摘。にもかかわらず歌舞伎より低料金(1等5800円)で公演を続けており、清治さんは「保護を頂き、国民に愛されなくては300年続く文化を維持できない」と話す。ちなみに22年度、国立文楽劇場(客席数731)の総入場者数は9万2千人、国立劇場(客席数560)の有料入場率は各公演83~99%に上り、「不入り」とは言えない。

 演劇評論家の藤田洋さん(78)は「地元固有の伝統文化への補助金削減は信じがたい行為だ」と橋下市長を批判する一方、「文楽は素晴らしい芸を見せているが、協会も自助努力が必要で、組織もスリム化が可能」とも述べ、双方の課題を指摘している。


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


2月文楽公演 演目発表!(東京)

【NTJホームページ】より。
平成24年2月文楽公演

...※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

公演期間 2012年2月4日(土)~2012年2月20日(月)
開演時間 (第一部)午前11時(午後1時50分終演予定)
(第二部)午後2時30分(午後6時00分終演予定)
(第三部)午後6時30分(午後9時00分終演予定)
 
ジャンル
演目・主な出演者 <第一部>11時開演

彦山権現誓助剣(ひこさんごんげんちかいのすけだち)
    杉坂墓所の段
    毛谷村の段
    立浪館仇討の段   
三世野澤喜左衛門=作曲

<第二部>2時30分開演

 義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
    椎の木の段
    小金吾討死の段
    すしやの段
            
 近松門左衛門=作
 お夏 清十郎 
 五十年忌歌念仏(ごじゅうねんきうたねぶつ)
    笠物狂の段
       二世野澤喜左衛門=作曲
       吉村雄輝=振付

<第三部>6時30分開演

 菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)
    寺入りの段
    寺子屋の段

近松門左衛門=原作
 日本振袖始(にほんふりそではじめ)
    大蛇退治の段
     鶴澤清治=補綴・補曲
        尾上墨雪=振付


 (主な出演者)
 竹 本 住大夫
 竹 本 源大夫
 鶴 澤 寛 治
 鶴 澤 清 治
 吉 田 簑 助
 吉 田 文 雀
        ほか

※字幕表示がございます。


前売開始日 電話・インターネット予約開始=1月7日(土)10時~
窓口販売開始=1月8日(日)

等級別料金 1等席 5700円(学生4000円)
2等席 4700円(学生2400円)
3等席 1500円(学生1100円)
   (障害者の方は2割引です)

 ※3等席は座席数7席のため、お一人様1ステージ1枚に限らせていただきます。文楽廻し(床)により舞台の一部が見えにくくなっておりますので、ご了承ください。

お問い合わせ先 国立劇場チケットセンター[午前10時~午後5時]
  0570-07-9900
  03-3230-3000[PHS・IP電話]


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


11/28 上方文化再生フォーラム第5回『文楽の世界』(大阪)

【NPO文楽座】ホームページより。

上方文化再生フォーラム第5回『文楽の世界』

日時;2011年11月28日(月)18時30分開演
会場;トリイホール
出演;基調講演/鳥越文蔵、講演/竹澤團七
入場料;前売2,700円、当日3,000円(税込)
ご予約・お問合わせ;上方文化再生実行委員会事務局
TEL 06-6211-2506


上方芸能の発祥の地、大阪はミナミから、もう一度文化力で地域を活性化させよう、と始まった『上方文化再生フォーラム』。今年は「文楽の世界」に、当法人の理事長と副理事長がそろって出演いたします。
ご存じ、團七のおしゃべりには定評がありますので、この日もきっと楽しいお話を聞かせてくれることでしょう。

上方文化ルネサンス?ミナミの"粋"をもっと知る!

ご予約は、上方文化再生実行委員会事務局に直接されるか、NPO文楽座事務局でも承ります。お支払いは当日会場でお願いします。

なお、NPO文楽座事務局へのご予約お申込はFAXでのみの受付となりますので、下記の必要事項をご記入の上、FAX06-6211-6132までお送りください。締切は定員に達した時点でとさせていただきます。

[上方文化再生フォーラム11/28申込み事項]

●必ず「上方文化再生フォーラム11/28申込」と書いてください。

●お名前(フルネームでお願いします)

●お住まいの市町村名(例・大阪市中央区)

●日中ご連絡がとれる電話番号(携帯電話でも結構です)

※複数名でのお申込の場合は、代表者の方のみお名前と連絡先をお知らせいただき、人数を明記してください。

※申込受理のご連絡はいたしませんのであらかじめご了承ください。


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


9/17-30 「文楽 冥途の飛脚」2週間限定モーニングショー(大阪・梅田)

【テアトル梅田近日上映作品】より。


文楽 冥途の飛脚(The Lovers' Exile)

87分
日本
公開予定日9/17(土)~9/30(金)まで2週間限定モーニングショー

前売券発売中デジタル上映
監督 : マーティ・グロス

出演者 : 竹本織大夫、鶴澤燕三、竹本越路大夫、鶴澤清治、竹本文字大夫、野澤錦糸


32年の時を経て、近松門左衛門作の人形浄瑠璃『冥途の飛脚』がスクリーンに甦る!

映画「文楽 冥途の飛脚」は、昭和54年、京都・太秦撮影所に精緻な舞台セットを作り上げ、竹本越路大夫、竹本文字大夫(現 竹本住大夫)、竹本織大夫(現 竹本綱大夫)、鶴澤燕三(五世)、鶴澤清治、野澤錦糸(四世)、吉田玉男、吉田簑助、桐竹勘十郎(二世)ら、主要な出演者全員が、当時および後に人間国宝という、まさに昭和を代表する偉大な名人たちの出演によって撮影されました。監督は日本文化に深い造詣と共感を持つマーティ・グロス。撮影は海外でも評価の高い名カメラマン岡崎宏三ほか。そして、音響・音楽監修は日本を代表する作曲家の武満徹。近松門左衛門作の人形浄瑠璃『冥途の飛脚』を、巧みな編集で約1時間半に凝縮し、“文楽”の魅力に正面から挑んだ傑作です。本作は、完成後日本国内で劇場公開されないまま、長く上映機会が失われて幻の映画となっていましたが、平成23年、新たにオリジナルフィルムからデジタルリマスターを行い、床本をもとに日本語原文字幕を付けて、実に32年の時を経てスクリーンに甦ることとなりました。

【料金のご案内】
一般・・・2,300円(前売2,000円)
学生、小中学生・・・1,300円
障害者手帳をお持ちの方・・・1,000円

※特別興行のため各種割引(シニア・夫婦50割・サービスデー等)はございません。また、招待券及び株主優待券はご使用不可となります。
※クラブC会員のお客様も割引適用外となりますが、連日2ポイント付与致します。


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【NTJ】お食事処「十八番」の「先代萩弁当」のご紹介

【NTJ】より。

お食事処「十八番」の「先代萩弁当」のご紹介

暑い夏も終わり朝晩めっきり涼しく過ごしやすくなりました。
国立劇場はこの度、開場45周年を迎えます。その記念公演のトップを飾るのは9月文楽公演です。
2階お食事処「十八番」では今回の公演の演目に因みあらたに「先代萩弁当」をご用意して皆様のご来場をお待ちしております。

「先代萩弁当」
仙台藩の寛文事件(伊達騒動)に題材をとった、『伽羅先代萩』にちなみ、仙台藩の料理人「橘川房常」の書いた料理を再現しました。料理集の料理は藩主の食膳にも供されたものと考えられています。

<料理内容>

・鮭の味噌漬焼き
・煮梅
・焼蒲鉾
・厚焼玉子
・煮物盛合わせ
・かんぴょうの胡桃味噌和え
・葡萄の膾
・林檎餅
ご飯・味噌汁・香の物付 1,800円
※あぜくら会員の方、1,600円


今後も続々とひかえる開場記念公演、お祝いの気持ちをこめていっそうの工夫をこらしたメニューを揃えて皆様にご賞味いただこうと考えております。
ご来場の際にはぜひとも「十八番」にお立ち寄りいただき、いつまでも思い出に残るお時間をお過ごしください。


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


9/21『華麗なる技 第一回 義太夫節』(東京・紀尾井ホール)

【紀尾井ホールホームページ】より。

■邦楽 華麗なる技 第一回 義太夫節

物語の浄化 「段切れ」の魅力

2011年9月21日(水)18:30開演
協賛:東京都民銀行

【発売日】
● 2公演セット券(12/16「第二回長唄」公演とのセット
券)
紀尾井友の会優先:2011年7月12日(火)
一般:2011年7月14日(木)

● 単券
紀尾井友の会優先:2011年7月19日(火)
一般:2011年7月21日(木)


出演
:竹本千歳大夫(浄瑠璃)
 豊澤富助、豊澤龍爾(三味線)
 磯西真喜(聞き手)


演目
:「近頃河原の達引」堀川猿回しの段
 「絵本太功記」十段目
 「菅原伝授手習鑑」桜丸切腹
 「摂州合邦辻」
 「新版歌祭文」野崎村 ほか


料金
:全席指定:4,000円 学生優待:2,000円
2公演セット券(12/16「第二回長唄」公演とのセット券):
7,000円


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


6/15~21錦糸さん出展「日本芸術院受賞作品展」(東京・上野)

錦糸さん応援ホームページ】より。

日本芸術院受賞作品展のお知らせ

6月15日(水)~6月21日(火)
休館日:無休
開館時間:10:00~16:30
日本藝術院会館・展示室
入場無料

本年度の受賞者の作品・資料等が展示されます。
錦糸さんも、三味線、撥、譜本等を出品されたそうです。


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【日本経済新聞】錦糸さんら9人 10年度の日本芸術院賞

【日本経済新聞】山崎正和さんら9人 10年度の日本芸術院賞 (2011/4/26 21:47)

 日本芸術院(三浦朱門院長)は26日、優れた芸術作品を創作した人や芸術の進歩に貢献する業績があった人を対象とする2010年度日本芸術院賞に、劇作家・評論家の山崎正和さん(77)、歌舞伎俳優の中村橋之助さん(45)、オペラ演出家の栗山昌良さん(85)ら9人を選んだと発表した。

 このうち、山崎さんと栗山さん、日本画家の山崎隆夫さん(71)の3人には、特に顕著な業績を挙げたとして恩賜賞も併せて授与する。授賞式は6月13日に東京・上野の日本芸術院会館で行う。

 日本芸術院賞受賞者と対象作品、授賞理由などは次の通り(敬称略)。

 山崎隆夫(やまざき・たかお、71)。恩賜賞。日本画。日展出品作「海煌」。新潟県出身、京都市在住。

 黒田賢一(くろだ・けんいち、64)。書。日展出品作「小倉山」。兵庫県出身、兵庫県姫路市在住。

 古谷誠章(ふるや・のぶあき、56)。建築。茅野市民館。静岡県出身、東京都世田谷区在住。

 山崎正和(やまざき・まさかず、77)。恩賜賞。戯曲・評論。戯曲および評論の長年の業績。京都府出身、兵庫県西宮市在住。

 山本孝(やまもと・たかし、74)。能楽(大倉流大鼓方)。近年の舞台成果および後進の指導など能楽の振興発展に尽くした業績。大阪府出身、大阪府箕面市在住。

 中村橋之助(なかむら・はしのすけ、45)=本名中村幸二。歌舞伎。近年の歌舞伎立役の演技。東京都出身、東京都渋谷区在住。

 野沢錦糸(のざわ・きんし、53)=本名高次郁。文楽(三味線)。長年研さんを積み、埋もれた古曲の復活など多大な成果を上げた業績。東京都出身、大阪府豊中市在住。

 野坂操寿(のさか・そうじゅ、72)=本名野坂恵子。邦楽(箏曲)。箏音楽を追究し続ける演奏活動。東京都出身、東京都渋谷区在住。

 栗山昌良(くりやま・まさよし、85)。恩賜賞。洋楽(オペラ演出)。長年の日本オペラ界への功績。東京都出身、東京都世田谷区在住。〔共同〕


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


5/11,18「文楽講座・鑑賞会-国立劇場にて文楽を観る-」(東京)

申込はリンク先から、受講料は、 \12,000 です。

【早稲田大学 エクステンションセンター オープンカレッジ 講座案内】より。

文楽講座・鑑賞会-国立劇場にて文楽を観る-

竹内 道敬((財)古曲会 理事、国立音楽大学元教授) 曜日
水曜日
時間
10:00 ~ 15:00
教室
国立劇場・伝統芸能情報館3階レクチャー室
日程
全2回 ・05/11 ~ 05/18
(日程詳細)
05/11, 05/18

■目標

ユネスコの無形文化遺産にも登録されて、ますます人気の文楽。大夫・三味線・人形遣いの“三業”の息の合った三位一体とも呼べる独特の上演形態は、世界に類のない芸能としてますます脚光を浴びています。
今回は、三味線の出演者による講義によって、文楽の楽しさ・奥深さを学びます。

■講義概要

第1回は文楽概説。第2回は10時00分から10時30分まで伝統芸能情報館3階レクチャー室にて文楽の三味線の出演者による講座を開催後、11時から5月文楽公演第1部をご覧いただきます。
大夫と一体となって登場人物の心や物語の雰囲気を描き出す三味線。その演奏は正にお芝居そのものといってもいいでしょう。
本講座は三味線から文楽の魅力に迫ります。

会場:各回とも国立劇場

■各回の講義予定


【1】5/11 文楽概説(13:00~14:30)
竹内道敬 (財)古曲会理事、国立音楽大学元教授

【2】5/18 文楽の人形遣いについて・文楽鑑賞(10:00~15:00)
(講義は10:30まで)
三味線出演者

■ご受講に際して(持物、注意事項)

●お申込みの時点では、文楽の演目は未定です。
●鑑賞席は選べません。
●鑑賞チケットは初回講義時に配付します(受講料入金ができた方のみ。欠席者には郵送します)。
●受講料には5/18の文楽チケット(1等席)代金を含みます。
●本講座は全2回の講座です。各回、時間帯が異なりますのでご注意ください。
●2回の観劇の開演時間は予定です。変更の場合は講義の開始時間も変わりますのでご了承ください。

■備考

資料配付


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【産経新聞】珍しい親子同時襲名 文楽の竹本源大夫と鶴澤藤蔵 「名跡に恥じぬ精進を」

【産経新聞】より。

珍しい親子同時襲名 文楽の竹本源大夫と鶴澤藤蔵 「名跡に恥じぬ精進を」(2011.4.9 12:00)

 ぴんと張った真新しい肩衣が清々しい。

 「懐かしい名跡を孫たちが襲名し、泉下の祖父らもきっと喜んでいることと存じます」

 「口上」。文楽を代表して竹本住大夫があいさつすると、緋毛氈(ひもうせん)の上に居並んだ新・竹本源大夫、新・鶴澤藤蔵親子は黙ったまま深々と頭を下げた。

 文楽では珍しい親子同時襲名の披露公演が、大阪・日本橋の国立文楽劇場で行われている。

 それぞれ祖父の名跡を襲名した九代目源大夫、79歳。長男の二代目藤蔵、46歳。特に人間国宝の源大夫にとって功なり名遂げてからの襲名である。

 「この年齢になって、まだやり残したことがあるなと。それが祖父の名跡を世に出すことでした。改めて修業し直すという気持ちで源大夫になろうと思います」と並々ならぬ決意を語れば、藤蔵も「かねてから祖父の芸に憧れていましたが、(襲名は)まだ早すぎると思っていました。ただ、父が源大夫を継ぐのなら一緒に継がせていただくのが供養になるのかなと。祖父の音を目指して精進していきたい」。


■  ■  ■


 家柄や門閥がものをいう伝統芸能の世界で、文楽は唯一、実力主義を標榜(ひょうぼう)する。源大夫一家はそのなかにあって、四代続く文楽の家。それだけに逆のプレッシャーもあった。

 平成8年、源大夫は、息子の藤蔵を自分の三味線に起用した。当時、源大夫はクライマックスを語る“切場語り”の称号を持つベテラン。しかし藤蔵はまだ30代の若さ。芸の差は歴然であった。

 「毎公演、初役の切場ばかり。自分の三味線が舞台すべてをつぶしているんじゃないかと悩み、苦しみました」。一時は休演したこともあったが、師匠・鶴澤清治の助言などもあり、大きな壁を乗り越える。

 時代物の大曲「日向嶋」、近松門左衛門の「封印切」…二人で何度も話し合いながら稽古し、ていねいに作り上げていった過程が自信につながっていく。

 「親子だからこそ、悪いこともあれば、よいこともあった」と二人。

 「最近は父が年をとってきたので、ときには頼りにされているなと感じることもあります」と藤蔵が笑えば、源大夫も「技術的なことだけじゃなく、いろんな苦労をしてきたことで人間の器が一回り大きくなった」と息子の成長に目を細める。


■  ■  ■


 源大夫は先月、急遽(きゅうきょ)、心臓病の手術を受け、残念ながら襲名披露公演は「口上」のみの出演となったが、藤蔵は披露狂言「実盛物語」を一段丸ごと、約1時間、渾身(こんしん)の音色を聞かせている。


 源大夫は「祖父は55歳、父も62歳という若さで亡くなりました。私がいま生きているのも意味があってのこと。早世した二人の思いを受け継いで、命あるかぎり舞台を勤めていきたい」と力を込める。

 新しい名跡での二人の舞台は、これから。(文・亀岡典子 写真・頼光和弘)

■たけもと・げんだゆう 昭和7年生まれ。祖父は七代竹本源大夫、父は初代鶴澤藤蔵。21年、八代竹本綱大夫に入門。竹本織の大夫、五代竹本織大夫、九代竹本綱大夫を経て、平成23年4月、九代目竹本源大夫を襲名。平成6年、物語のクライマックスを語る“切場語り”となる。人間国宝。紫綬褒章、芸術選奨文部大臣賞など受賞多数。

■つるざわ・とうぞう 昭和40年生まれ。父は九代目竹本源大夫。51年、十代竹澤弥七に入門。祖父・藤蔵の前名、鶴澤清二郎を名乗る。53年、鶴澤清治門下となり、58年朝日座で初舞台。平成23年4月、二代目鶴澤藤蔵を襲名。咲くやこの花賞など受賞多数。

 親子同時襲名の4月文楽公演は、大阪・日本橋の国立文楽劇場で24日まで。



1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【開催3/23-26】邦楽ドラマ「浪花女」公演は予定通り開催いたします。(東京)

紀尾井ホール主催チケット情報】より。

紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061〈10時~18時、日・祝休〉

チケット発売中の公演情報
------------------------------------------------------------------

邦楽ドラマ「浪花女」公演は予定通り開催いたします。
なお当日、被災、交通事情等でおいでいただけなかった場合は払い戻しを行います。紀尾井ホールチケットセンターまで、公演当日の翌営業日以降本年4月30日(土)までにお電話にてご連絡ください。
本公演の実施に当たっては、ロビー、客席等の照明、空調の節減により消費電力の削減につとめます。

紀尾井ホールチケットセンター 電話03-3237-0061(10〜18時、日・祝休)

■三菱商事 特別協賛
紀尾井ホール開館15周年記念公演
朗読ドラマ 浪花女―「壺坂霊験記」誕生物語
2011年3月23日(水)18時30分開演
2011年3月24日(木)14時00分開演
2011年3月24日(木)18時30分開演
2011年3月25日(金)14時00分開演
2011年3月25日(金)18時30分開演
2011年3月26日(土)14時00分開演
発売中※25日 18時半公演
のみ販売中。残席僅少
(上記公演以外は予定枚数終了)


出演 : 佐久間良子 [お千賀]
梅野泰靖 [団平]
吉野由志子 [おくに]
檀臣幸 [文吉]
岩本多代 [おたか]
林啓二 [春子太夫]

演奏 : 竹本千歳大夫、豊澤富助、豊澤龍爾、望月太左衛社中

人形遣い : 吉田和生、吉田玉女、吉田玉志、吉田清三郎、吉田玉佳、吉田文哉、吉田玉勢、吉田玉翔、吉田玉誉

演出 : 大場正昭

演目 : 「壺坂霊験記」 他

料金 : 全席指定 7,000円


協賛 : 三菱商事株式会社

【チケットの取扱い】
紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061(10時~18時/日?祝休)
チケットぴあ 0570-02-9999 http://t.pia.jp/ (Pコード:408-046)
イープラス http://eplus.jp/


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【NHK FM 】住大夫さん、錦糸さんご出演「邦楽百番 -義太夫-」

邦楽百番 -義太夫-

チャンネル :NHK FM
放送日 :2011年 3月12日(土)
放送時間 :午前11:00~午前11:50(50分)

再放送日 :2011年 3月13日(日)
再放送時間 :午前5:00~午前5:50(50分)

ジャンル :音楽>民謡・邦楽
趣味/教育>音楽・美術・工芸

番組HP: http://www.nhk.or.jp/koten/

--------------------------------------------------------------------------------


                              
 - 義太夫 -                      
                              
「義士銘々伝」                       
  ~赤垣源蔵出立の段~                  
                      (48分30秒)
                    (浄瑠璃)竹本住大夫
                     (三味線)野澤錦糸


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【NTJ】伝統芸能情報館に映像展示が追加されました

【NTJ】より。

伝統芸能情報館に映像展示が追加されました

 伝統芸能情報館1階情報展示室に、85インチ大型テレビが設置され、映像展示が再開されました。
現在開催中の企画展示「文楽の音」に関連し、国立劇場自主企画映画「文楽」(昭和44年製作)をはじめとして、計4本の映像コンテンツが、タッチパネル画面で選択して視聴できます。新規コンテンツも今後新たに製作し、追加していく予定です。

展示室内の椅子も増やしましたので、これまで以上に企画展示をゆっくりとご覧いただけると思います。企画展示「文楽の音」は5月23日(月)まで開催しています。



1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


続きを読む

4/20、27、5/11、18、25、6/1、8、15、22、29(全10回)連続講座B「義太夫節の音楽としてのしくみを理解する」(京都)

申込はリンク先から、参加料は5,000円です。
【京都市情報館】より。

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター「でんおん連続講座A・B」[2011年3月1日]

京都では,身近な場所で伝統芸能の公演や祭礼等が数多く行われています。その意味や背景を理解すれば,鑑賞をより深めることができます。
でんおん連続講座では,歴史的資料(番組,番付,地図,絵図,記録類),口伝書,楽譜等の演奏資料を読み進めながら,音源・映像を用いて,伝統音楽や芸能のより深い理解をめざします。
皆様の熱心な参加をお待ちします。

連続講座A「能を解剖する―謡の朗読,手付・形付の読解を通じて」
開催日時
4月20日・4月27日・5月11日・5月18日・5月25日・6月1日・6月8日・6月15日・6月22日・6月29日(全10回)
すべて水曜日,午前10時40分~12時10分

開催場所
京都市立芸術大学新研究棟7階合同研究室1(京都市西京区大枝沓掛町13-6)

開催内容
室町時代に成立した能は,現在でもよく演じられていますが,2時間にもおよぶ,力のこもった演技を,より面白く受け止めるためには,謡のテクスト,音楽構造,演技上のポイントを熟知していなければなりません。能の鑑賞歴・稽古暦は長くてもわかった気がしないと感じておられる方,日本を代表する文化の1つを深く学びたいと思われる方,ぜひ受講してください。今期は「当麻」「海士」「誓願寺」など天女舞の作品を取り上げます。

講師
藤田隆則(日本伝統音楽研究センター准教授)

定員
50名(先着順)

受講料
5,000円(10回分)


連続講座B「義太夫節の音楽としてのしくみを理解する」
開催日時
4月20日・4月27日・5月11日・5月18日・5月25日・6月1日・6月8日・6月15日・6月22日・6月29日(全10回)

すべて水曜日,午後1時~2時30分
開催場所
京都市立芸術大学新研究棟7階合同研究室1(京都市西京区大枝沓掛町13-6)

開催内容
人形浄瑠璃文楽の音楽である義太夫節は,近年までは多くの人々にとって身近な音楽でした。しかし最近ではお稽古する人も少なくなり,馴染みが薄くなっているといっても過言ではありません。
この講座では,音楽としての義太夫節にスポットをあて,全員でテキストを音読した後,実際の演奏を聴いていきます。一つ一つの言葉がいかに巧に音の世界で表現されているかを知っていただき,文楽を耳からも楽しめるようになることを目指したいと思います。

講師
山田智恵子(日本伝統音楽研究センター教授)

定員
50名(先着順)

受講料
5,000円(10回分)

申込み方法
平成23年3月31日(木曜日)までに京都いつでもコールへ電話,FAX又は電子メール(下記の送信フォームをご利用ください。)でお申し込みください。

また,お申し込みの際は,希望講座,郵便番号,住所,氏名,電話番号・FAX番号,メールアドレス,同伴者の氏名(何名でも可)をお伝えください。

申込フォームはリンク先から。



1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【東京新聞】「菅原~」など文楽名作並ぶ 国立小劇場

【東京新聞】より。

「菅原~」など文楽名作並ぶ 国立小劇場(2011年2月6日)

 東京・国立小劇場の二月文楽公演が五日から始まった。三部制で第一部(午前十一時~)は「芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)」と「嫗山姥(こもちやまんば)」、二部(午後二時半~)は「菅原伝授手習鑑」、三部(同六時~)は「義経千本桜」と時代物の名作が並ぶ。

 「芦屋~」は陰陽師・安倍晴明が白狐の子だったという伝説に基づく話。白狐(しろぎつね)の化身・葛の葉の「子別れ」と「蘭菊(らんぎく)の乱れ」の二段。「蘭菊~」は東京では十七年ぶり。「嫗山姥」は近松門左衛門の作品。弁舌巧みな傾城八重桐(やえぎり)の「廓噺(くるわばなし)」の段。

 三大狂言の一つ「菅原~」は「車曳(くるまびき)」から「桜丸切腹」までと、冒頭に斎世(ときよ)親王と苅屋(かりや)姫の道行(みちゆき)を描く珍しい「道行詞甘替(ことばのあまいかい)」を置く。切りは竹本住大夫・野沢錦糸。「車曳」から桜丸を吉田簑助が遣う。住大夫と簑助の人間国宝共演は東京では初めて。

 同じく三大狂言の一つ「義経~」は「渡海屋(とかいや)・大物浦(だいもつのうら)」と「道行初音旅(はつねのたび)」。切りは豊竹咲大夫・鶴沢燕三。咲大夫は二年前に切り場語りとなった際にも語った思い出の作品。「道行~」の静御前を簑助、忠信実は狐を桐竹勘十郎の師弟が遣うのは東京では初めて。

 二十一日まで。五千七百~千五百円(学生四千~千百円)。(電)0570・07・9900。 (藤英樹)


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。