八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【国際交流基金】文楽床山師:高橋晃子さんインタビュー

【国際交流基金】ホームページより。

アーティストインタビュー
文楽のもうひとつの魅力
髪を操る床山師の世界

文楽は江戸時代に商都・大坂で生まれた舞台芸術(人形芝居)である。現在は技芸員(人形遣い、物語を語る太夫、三味線方)が所属する財団法人文楽協会と、小道具や人形の首(かしら)の製作、衣裳、床山など舞台の裏方が所属する国立文楽劇場により継承されている。歌舞伎俳優と同じように役柄に応じて人形の髪形を結うのが「床山」だ。技芸員も裏方も男性ばかりの世界に、女性としては初めて国立文楽劇場の人形の床山となった高橋晃子さんに、文楽を支える裏方の世界について聞いた。
(聞き手:奈良部和美[ジャーナリスト])



1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。