八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


8/15 南房総人形劇フェスティバル 文楽は「伊達娘恋緋鹿子」

既報の件です。

【南房総全域をカバーする伝統の日刊紙房日新聞】より。

南房総 文楽は「伊達娘恋緋鹿子」
8日から人形劇フェスティバル
桐竹勘十郎さんら来訪

南房総の夏を文化で彩る、第22回南房総人形劇フェスティバル(南房総市教育委員会主催)が、8日から同市のとみうら元気倶楽部などを会場に開かれる。ビンゴ大会などの参加型イベントの「竜子姫まつり」が13日、おなじみ文楽公演は15日の昼夜。千倉、三芳、和田、白浜などを回る「無料巡回公演」もある。チケットはとみうら元気倶楽部で扱っている。15人以上の団体割引があるほか、就学前の子どもは無料。

8日から11日までは、午後2時からの公演で、劇団貝の火やオフィスやまいもが演じる。演目は「雪の女王」「赤ずきんちゃん」「一寸法師」「さるかに合戦」と、子どもたちにおなじみの劇。当日券800円、前売りは600円。

13日の竜子姫まつりは、午後1時から。富浦人形劇学校が「三銃士」を演じ、富浦エコミューゼ研究会は、紙芝居「増間島」などを上演する。ころころ人形劇は「十二支のはじまり」を予定している。3公演で当日券800円、前売り600円。

無料巡回公演は、1日午前10時からが三芳農村センター、同午後1時半からが和田やすらぎ、3日午後1時半からは、白浜公民館。いずれも劇団貝の火が「ピノッキオ」を演じる。こちらは入場無料。

地方ではまず見る機会の少ない、文楽は15日午後2時からと、午後7時からの2回公演。桐竹勘十郎さんらの「団子売」と「ふれあい文楽教室」、伊達娘恋緋鹿子「火の見櫓の段」を予定している。生の迫力を間近で見る絶好の機会という。こちらは当日券1800円、前売りは1500円。

チケットの予約と問い合わせは、とみうら元気倶楽部(0470―33―3411)へ。


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。