八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


1/29 相子大夫さん清丈’さん「伝統からまなぶ」講座

子育て中の方を対象にした京都造形芸術大学主催の講座の一つです。
満5歳~10歳のお子さんとご一緒に参加できる機会です。

「本と手をつないで子育てしたい2010」

「講座3」伝統からまなぶ ―文楽の世界
日時:1月29日(土)10:30~12:00 (受付期間 : 12/22~1/4)
講師:竹本相子大夫(人形浄瑠璃文楽座/太夫)、鶴澤清丈'(人形浄瑠璃文楽座/三味線)
2008年度の能、2009年度の狂言に続き、今年度は竹本相子大夫さんと鶴澤清丈'さんに、文楽という伝統芸能を紹介していただきます。一人で何役も語り分ける大夫や、感情や状況を表現する三味線など、文楽ならではの面白さを体験してみましょう。

竹本相子大夫(たけもと・あいこだゆう)
奈良教育大学卒業。平成9年、四代竹本相生大夫に入門。平成10年、文楽本公演『小鍛冶』のツレにて初舞台。平成11年五代竹本伊達大夫、平成21年竹本綱大夫の門下となる。国立文楽劇場を始めとする本公演、また地方公演などの他、若手技芸員で素浄瑠璃公演や自主公演などを積極的に実施している。平成20年十三夜会賞。平成21年第37回文楽協会賞。平成22年第29回国立劇場文楽賞文楽奨励賞。

鶴澤清丈'(つるさわ・せいじょう)
平成10年、国立劇場文楽第18期研修生となる。平成12年鶴澤清介に入門、鶴澤清丈'となる。平成12年、国立文楽劇場で初舞台。国立文楽劇場を始めとする本公演、また地方公演などの他、若手技芸員で素浄瑠璃公演や自主公演などを積極的に実施している。平成20年第36回文楽協会賞。


-----------------------------------------
本と手をつないで子育てしたい2010

絵本やおはなし、わらべうたが、いつも手の届く環境にあることは、子どもと本との関係を築くためにとても大切なことです。本講座では、お母さんお父さんに子どもと本を繋ぐ大切な役割を担ってもらうことをねらいとして、子育て中の日常で知りたいこと・生活を豊かにすることをテーマに専門家による講演会や講習会を実施し、あわせて各回のテーマに沿った絵本やおはなし、わらべうた等を紹介していきます。
主催:
学校法人瓜生山学園 京都造形芸術大学
こども芸術学科・こども芸術大学・芸術文化情報センターピッコリー

会場:
京都造形芸術大学 未来館4F こども芸術大学

募集対象・定員:

講座3 満5歳~10歳のお子さんと保護者の方(親子での参加となります) 30名

参加費:
各回100円(保険料など)。講座によっては実習材料費を別に申し受けます。

申し込み方法(事前申し込み制):
講座1~3は受付期間内に往復葉書でお申し込みください。多数の場合は抽選とさせていただきます。
(当日消印有効。受付期間外の申し込みは無効です)
*必要項目:
参加されるお子さんと保護者それぞれの

・氏名(ふりがな)
・性別・生年月日
・郵便番号・住所
・電話番号・あればFAX番号
・E-mailアドレス
兄弟でご参加の場合や、同伴される対象年齢外のお子さんがおられる場合も必ず氏名(ふりがな)・性別・生年月日をご記入ください。
「本と手をつないで子育てしたい・第○回講座申し込み」と明記してください。(この情報は本講座の運営目的以外には使用いたしません)


葉書宛先:
〒606-8271
京都市左京区北白川瓜生山2-116
京都造形芸術大学 芸術文化情報センター ピッコリー


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。