八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


9/25、10/2、9、16、30 文楽座学シリーズ「浄瑠璃本で読む文楽」

『NPO文楽座』会員の皆様、今回は文楽座学シリーズ「浄瑠璃本で読む文楽」が開催されます。
浄瑠璃本(通し本・丸本)原本のコピーを配布して、原本・書体に馴れてみようという企画だそうです!

さあ、まだ会員でない方、『NPO文楽座』さんではこういった楽しい企画ありますよ!
受講費は賛助会員の方は9000円、非賛助会員の方は13000円です。
年会費3000円ですので、これを機に是非会員になられてはいかがでしょう?

参加応募お申し込みは、ファクス又は郵送にて。9/4(土)必着です!
※25名集まらないと開催されないそうです。
申し込み締め切りまで短いので、興味をもたれた方は忘れずにお申し込みください。



NPO文楽座 ちらしより。

NPO法人人形浄瑠璃文楽座 文楽座学シリーズ
浄瑠璃本で読む文楽

例年10月と3月は地方巡業公演のため、大阪では2ヶ月にわたって文楽公演がない時期でもあります。
翌月に上演される演目をテーマに、文楽についての知識を深め、新たな魅力を発見することを目的に文楽座学を開催します。

文楽の楽しみ方はいろいろとあるでしょうが、NPO文楽座では、「浄瑠璃本」をよむことに挑戦してみたいと思います。そして、皆さんで初日の公演を観劇しましょう。

講義日程
 第一回 平成22年9月25日(土) 『近頃河原達引』を読む
       浄瑠璃本読解入門。浄瑠璃本の種類と性格についての解説も合わせてお話します。
 第二回 平成22年10月2日(土) 『一谷嫩軍記』
       浄瑠璃本の残存数からみるベストセラーランキング。さて、『一谷嫩軍記』は第何位?
 第三回 平成22年10月9日(土) 『嬢景清八島日記』
       大仏殿万代石楚から『嬢景清八島日記』へ。浄瑠璃本の「改題」について。
 第四回 平成22年10月16日(土) 『伊達娘恋緋鹿子』
       「吉祥院」「八百屋」「鈴の森」・・・・・・埋もれた曲の伝承と再生
各日とも14時~16時(講義90分、質疑応答30分)の予定です。

観劇予定 平成22年10月30日(土)第1部もしくは第2部(ご希望による)
       ※錦秋公演の初日を観劇します。

会場 講義/国立文楽劇場内会議室  観劇/国立文楽劇場

講師 神津武男(早稲田大学高等研究所 准教授)
特別講師 鳥越文蔵(NPO文楽座理事長、早稲田大学名誉教授)

定員 60名 ※但し、25名未満の場合は実施いたしません。

受講費 9000円/講義4回分、観劇チケット(1等席)代を含む
       ※非賛助会員の方は、13,000円で受講いただけます。


申込方法 別紙の申込用紙をFAX、または郵便にてお送り下さい。
申込締切 平成22年9月4日(土)必着

お申込いただいた方には受講表をお送りします。
その際に受講費の支払い等詳細についてご案内いたします。

■お問合せ・お申込先
NPO法人人形浄瑠璃文楽座事務局 営業時間[平日12:00-17:00]
TEL06-6211-6131
FAX06-6211-6132
E-mail office@bunrakuza.com(←@を小文字に修正してください。)

協力:早稲田大学演劇博物館
主催:NPO法人 人形浄瑠璃文楽座


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。