八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


10/3・9・23・28【歌舞伎チャンネル】芸に生きる 吉田文雀(文楽人形遣い)(2002)「火をくぐりぬけた人形の頭」

ご紹介が遅れ申し訳ありません。
今月の放送予定のうちすでに2回が放送修了済みですが、10/28の夜8時より放送です。


芸に生きる 吉田文雀(文楽人形遣い)(2002)「火をくぐりぬけた人形の頭」

【主な出演者】 ---
昭和3年東京生まれ。昭和20年8月、二世吉田玉市預かりとして文楽座に入座し、和夫と名乗る。昭和25年4月、三世吉田文五郎門下となり文雀と改名。平成6年5月、人間国宝に認定。戦争末期の人手不足の時、楽屋に出入りしてたところを無理矢理に黒衣を着せられ舞台に出させられ、名人吉田栄三に弟子入りするはずだったのが空襲でうやむやになってしまったとか。文楽の知識の豊富さは抜群で、公演ごとに全ての首の割り振りをする首割の役を、長年務めています。これも浄瑠璃の内容から登場人物の性根、現在あるすべての首についての詳細な知識、経験があるからこそです。
【放送日】 10月 3・9・23・28


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。