八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【大阪府生活協同組合連合会】親子文楽鑑賞の集い開催報告

【大阪府生活協同組合連合会】ホームページより。
[開催報告]親子文楽鑑賞の集い開催報告
「親子文楽鑑賞のつどい」

 7月23日(金)、「親子文楽鑑賞のつどい」を国立文楽劇場(大阪市中央区)で開催しました。
 「親子文楽鑑賞のつどい」は、国立文楽劇場の協力を得て今年で18回目を迎えます。大阪で生まれた代表的な古典芸能「文楽」の鑑賞を通じて、日本の文化・芸能の良さを、ひとりでも多くの組合員の方に知っていだだくことを目的に開催しています。今年度は11会員生協から962名の申込があり、当選された706名の組合員さんが来場しました。残念ながら抽選漏れになった方々には、同演目を同価格で鑑賞できる国立文楽劇場主催「夏休み親子劇場」の割引チケットを配布しました。
 今年は、最初に「文楽へのご案内」で、文楽人形の仕掛けや操り方の説明を受けた後、演目「雪狐々姿湖(ゆきやこんこんすがのみずうみ)」が上演されました。狐のお姫様が山の猟師に恋をし、魔法で人間の娘に変身し結婚します。幸せな生活がある出来事から悲しい結末となる物語でした。


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。