八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【大阪日日新聞】人形遣い区民体験 プロの演者が解説、指導

【大阪日日新聞】より。

人形遣い区民体験 プロの演者が解説、指導(2010年12月3日)

 大阪生まれの伝統芸能の「文楽」を楽しんでもらう「みんなで楽しもう!文楽」が11月27日、大阪市大正区千島2丁目の区コミュニティセンターで開かれた。区民ら約170人が訪れ、プロの演者から人形遣いや三味線を教わった。

 「大正区わがまち大正事業推進委員会」(上村一夫委員長)の主催で5回目の開催。指導や公演は、NPO法人「人形浄瑠璃文楽座」(中央区日本橋)が担当した。

 太夫や三味線、人形遣いについて座員が解説。体験講座では3人で動かす人形遣いに女性たちが挑戦し、横で見守る“師匠”に教わりながら懸命に人形を動かした。

 八百屋お七で知られる「伊達娘恋緋鹿子(だてむすめこいのひがのこ)~火の見櫓(やぐら)の段~」の公演も行われ、来場者が熱心に見入っていた。

 人形遣いを体験した大学1年の岡本三千代さん(18)は「なかなかみんなと息が合わず、思うように人形が動かなかった」と話していた。



1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。