八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【毎日新聞】文楽:「三荘太夫」「本朝廿四孝」(国立小劇場) 中堅若手公演、課題と収穫と

「毎日新聞」東京版夕刊に、おなじみ水落潔さんの批評が。

【毎日新聞】より。

文楽:「三荘太夫」「本朝廿四孝」(国立小劇場) 中堅若手公演、課題と収穫と

 恒例の中堅若手公演で今回は珍しい狂言が並んだ。「由良湊千軒長者」は有名な三荘(さんしょう)(山椒)太夫伝説を素材にした作品で「山の段」は国立
小劇場では初の上演である。今月は汐汲(しおく)みになった姉の安寿と、柴刈(しばか)りになった弟のつし王が互いに慰め合いながら父母を慕う場面に絞った台本である。睦、靖・清馗(後半はつばさ、希・清)ら若手の語りで、安寿は勘彌、つし王は一輔が遣っている。

 「本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)」は三段目で、武田・上杉の対立を背景に思惑を秘めた多彩な人物が、素性や本心を隠して行動する意外性に富んだ物語が推理劇風に展開する。これも久しぶりの上演である。

 「桔梗原(ききょうがはら)」を三輪・清友、「景勝下駄」を呂勢・燕三、「勘助住家」の前半を津駒・富助、後半を文字久・錦糸が語ったが、いずれも謎を秘めた人物たちの表と裏の語り分け、観客を引っ張っていく緊迫感、物語のスケールの大きさが十分に描き出せていない。

 中では粗削りながら力感にあふれた津駒・富助の語りと錦糸の手強い三味線を評価したい。人形では玉女が本心の知れぬ横蔵の人物像を大きく見せ、勘十郎が辛抱一筋の慈悲蔵を端正に遣い対照が効いた。和生の母、清十郎のお種、文司の景勝も相応の出来栄え。昼は鑑賞教室で「解説」と「櫓(やぐら)のお七」「三十三間堂棟由来」を上演している。14日まで。(水落潔)


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。