八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【asahi.com】3/19 「文楽人形×ロック 吉祥寺で都内初の共演」(東京・吉祥寺)

【asahi.com マイタウン多摩】より。

文楽人形×ロック 吉祥寺で都内初の共演
2011年02月27日

 文楽人形とロックバンド2組が共演する異色の舞台が3月19日、武蔵野市吉祥寺のライブハウスである。文楽人形遣い吉田勘緑(かんろく)さん(55)が若者たちとタッグを組む都内初の上演だ。勘緑さんは「固定観念を取り払い、自由に文楽人形を楽しんでほしい」と呼びかけている。


 勘緑さんは文楽人形の可能性を広げようと、8年前に人形遣いチーム「木偶舎(もくぐうしゃ)」を結成。他ジャンルのアーティストとの共演を進め、ジャズの坂田明さんや沖縄民謡の古謝美佐子さん、和製ポップスのUAさんらのほか、ダンサーや講談師とも共演してきた。「文楽人形が義太夫節だけに閉じこもるのはもったいない。いろんなジャンルの人たちと組み、文楽人形を見てもらう機会を増やしたかった」


 共演するロックバンドは「アワー」と「ウィウィマーフィー」。ともに若手4人組で、下北沢(世田谷区)や渋谷、吉祥寺などのライブハウスで演奏している。


 じつは、両バンドのドラマーを掛け持ちする竹内正和さん(34)は小・中学生時代、人間国宝・吉田簑助さんのもとで文楽人形の修業を積んでいた。兄弟子の勘緑さんが2008年、竹内さんに「ロックで一緒にやろう」と声をかけた。共演は09年から始まり、勘緑さんの出身地・徳島県三好市池田町や、勘緑さんの自宅がある相模原市などで計6回上演した。


 今回の公演は「文楽人形×(かける)ロック」。近松門左衛門の人形浄瑠璃「女殺油地獄(おんなころしあぶらのじごく)」に挑む。約1時間の舞台は、せりふの代わりに「ウィウィマーフィー」が主人公の「与兵衛」役を、「アワー」が与兵衛に殺される「お吉」役を演奏と歌で表現。全編ロックの音楽が鳴り響く中、勘緑さんが文楽人形を操り、鬼気迫る物語を表現する。


 勘緑さんは「古典の代表である文楽人形と、若者文化のロックが融合したステージを見てほしい」と話している。


 19日午後7時半から「吉祥寺Planet K」(0422・21・7767)で。立ち見(20席)の前売り券(3千円)は午後3時~9時に受け付ける。(佐藤清孝)


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。