八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


4/20、27、5/11、18、25、6/1、8、15、22、29(全10回)連続講座B「義太夫節の音楽としてのしくみを理解する」(京都)

申込はリンク先から、参加料は5,000円です。
【京都市情報館】より。

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター「でんおん連続講座A・B」[2011年3月1日]

京都では,身近な場所で伝統芸能の公演や祭礼等が数多く行われています。その意味や背景を理解すれば,鑑賞をより深めることができます。
でんおん連続講座では,歴史的資料(番組,番付,地図,絵図,記録類),口伝書,楽譜等の演奏資料を読み進めながら,音源・映像を用いて,伝統音楽や芸能のより深い理解をめざします。
皆様の熱心な参加をお待ちします。

連続講座A「能を解剖する―謡の朗読,手付・形付の読解を通じて」
開催日時
4月20日・4月27日・5月11日・5月18日・5月25日・6月1日・6月8日・6月15日・6月22日・6月29日(全10回)
すべて水曜日,午前10時40分~12時10分

開催場所
京都市立芸術大学新研究棟7階合同研究室1(京都市西京区大枝沓掛町13-6)

開催内容
室町時代に成立した能は,現在でもよく演じられていますが,2時間にもおよぶ,力のこもった演技を,より面白く受け止めるためには,謡のテクスト,音楽構造,演技上のポイントを熟知していなければなりません。能の鑑賞歴・稽古暦は長くてもわかった気がしないと感じておられる方,日本を代表する文化の1つを深く学びたいと思われる方,ぜひ受講してください。今期は「当麻」「海士」「誓願寺」など天女舞の作品を取り上げます。

講師
藤田隆則(日本伝統音楽研究センター准教授)

定員
50名(先着順)

受講料
5,000円(10回分)


連続講座B「義太夫節の音楽としてのしくみを理解する」
開催日時
4月20日・4月27日・5月11日・5月18日・5月25日・6月1日・6月8日・6月15日・6月22日・6月29日(全10回)

すべて水曜日,午後1時~2時30分
開催場所
京都市立芸術大学新研究棟7階合同研究室1(京都市西京区大枝沓掛町13-6)

開催内容
人形浄瑠璃文楽の音楽である義太夫節は,近年までは多くの人々にとって身近な音楽でした。しかし最近ではお稽古する人も少なくなり,馴染みが薄くなっているといっても過言ではありません。
この講座では,音楽としての義太夫節にスポットをあて,全員でテキストを音読した後,実際の演奏を聴いていきます。一つ一つの言葉がいかに巧に音の世界で表現されているかを知っていただき,文楽を耳からも楽しめるようになることを目指したいと思います。

講師
山田智恵子(日本伝統音楽研究センター教授)

定員
50名(先着順)

受講料
5,000円(10回分)

申込み方法
平成23年3月31日(木曜日)までに京都いつでもコールへ電話,FAX又は電子メール(下記の送信フォームをご利用ください。)でお申し込みください。

また,お申し込みの際は,希望講座,郵便番号,住所,氏名,電話番号・FAX番号,メールアドレス,同伴者の氏名(何名でも可)をお伝えください。

申込フォームはリンク先から。



1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。