八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【愛媛新聞社ホームページ】文楽三味線・野沢錦糸さんが技術指導 西予

【愛媛新聞社ホームページ】より。
愛媛のニュース2011年03月01日(火)
文楽三味線・野沢錦糸さんが技術指導 西予

 文楽三味線の第一人者・野沢錦糸さん(53)が2月28日と3月1日、西予市明浜町俵津の俵津文楽会館を訪れ、地元の文楽座員に基本技術を伝授した。
 野沢さんは、人間国宝竹本住大夫さんの三味線を務めている。西予市には、俵津文楽を伝承する「すがはら座」(浜田又治座長、34人)のメンバーとのつながりで、2007年から公演の合間を縫って年2、3回訪れ、三味線を指導している。
 すがはら座は4月の野福峠さくら祭りに向け、現在、練習に励んでいる。オープニング演奏では、三味線と大夫をつけて「二人三番叟(ににんさんばそう)」を披露する予定で、三味線は3人の女性が担当する。野沢さんは、3人に指遣いや音のアクセントのつけ方などを念入りに指導。初舞台となる宇都宮美香さん(40)は「基本動作をしっかり教えてもらえた。本番に向け3人で頑張りたい」と話していた。



1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。