八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【北日本新聞】文楽の魅力堪能 砺波で古典芸能鑑賞講座

【北日本新聞ニュース】より。

文楽の魅力堪能 砺波で古典芸能鑑賞講座(2011年3月7日)

 古典芸能鑑賞講座「なるほど!ぶんらく」が5日、砺波市中央町の市出町子供歌舞伎曳山(ひきやま)会館で開かれ、市民らが世界文化遺産に登録されている「人形浄瑠璃文楽」の魅力を堪能した。
 人形浄瑠璃文楽座(大阪)に所属する豊竹呂勢大夫さん(太夫)、鶴澤清二郎さん(三味線)、桐竹勘十郎さん(人形)が講師を務めた。それぞれの役割の特徴を実演を交えながら解説したほか、観客をステージに上げて語りや太棹(ふとざお)の演奏、人形操作を体験してもらった。3人で「伽羅(めいぼく)先代萩御殿の段」などの演目も披露した。
 文楽について知ってもらおうと、曳山会館が昨年に続き開いた。


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。