八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


<大阪・国立文楽劇場>4月公演プレイベントの様子

【NTJ】ホームページより。

<大阪・国立文楽劇場>4月公演プレイベント

文楽のつどい~竹本源大夫・鶴澤藤蔵 親子同時襲名~を
開催しました

去る3月3日、4月文楽公演で襲名を控えた竹本綱大夫と鶴澤清二郎を中心に、「文楽のつどい」を開催しました。

左から竹本綱大夫、鶴澤清二郎、里中満智子、葛西聖司(写真提供=朝日新聞社広告局)

二部構成の第一部は、近松門左衛門の『心中天網島』など心中物の漫画化も手がけているマンガ家・里中満智子さんをゲストに迎え、座談会を行いました。途中、綱大夫の祖父・七代目竹本源大夫の音源や、綱大夫の父であり清二郎の祖父に当たる澤藤蔵の演奏を収めた映像『仮名手本忠臣蔵』「一力茶屋の段」などの紹介も交えて、NHKアナウンサー・葛西聖司さんの巧みな司会で、その芸と人となりが浮き彫りになりました。

(写真提供=朝日新聞社広告局)

第二部は、綱大夫と清二郎が襲名披露狂言『源平布引滝』から「実盛物語の段」の一部を演奏しました。演奏を終えた二人が、ご来場のお客様に改めて襲名のあいさつをし意気込みを語ると、会場は大きな拍手で包まれました。

大阪・国立文楽劇場の4月文楽公演は、2日から幕を開けます。



1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。