八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


5/28勘緑さん「去来の会Ⅸ~天地情界~」(静岡・伊豆稲取)

【伊豆稲取。心躍るイベントが1年を飾る】より。


今年の去来の会は文楽人形と横笛で「天地情界」

今年で第9回目を迎える去来の会。

今年は、文楽人形の名手「吉田勘緑」さんと

稲取在住の横笛奏者「横田年昭」先生による

天地情界
をお届けいたします!

そもそも、文楽とは日本の伝統的な人形劇であるのですが

文楽というのはもともとこの人形劇を上演する劇場の名前だったようですが

いつのまにか芸能そのものをさすようになり、現在では正式の名称として使われてい ます。

“文楽”がこの名で呼ばれるようになったのは、

明治の終わりごろからで、それまでは“操り浄瑠璃芝居(あやつりじょうるりしばい)”

あるいは“人形浄瑠璃”といいました。

つまり“浄瑠璃”にあわせて演じる操り、すなわち人形芝居という意味です。

そして、文楽が世界に誇れる芸術という理由も、

“浄瑠璃”の高度な戯曲・音楽性と独特の人形操法

―― 一体の人形を三人がかりで動かす“三人遣(づか)い”

の様式にあるのです。

世界には数多くの人形劇がありますが、

そのどれもが単純な内容の神話やお伽(とぎ)話を扱ったものです。

文楽のように一日がかりのシリアスな長いドラマを展開するものはありません。

さらにそれらの人形劇のほとんどは、

人形を操作する人の姿を観客から隠すための工夫がこらされています。

天井から糸でつるすマリオネット
人形の下から手を差し入れ指で動かすギニョール
スクリーンに映して遣(つか)う影絵人形など

いろいろな方法があります。

ところが、文楽では人形遣いが堂々と観客の前に登場します。

世界の人形劇とまったく対照的な二つの特徴こそ、

文楽が最も高度に発達した人形芸術となった理由と言えましょう。

(人形浄瑠璃”文楽”より抜粋)

ということで、世界に誇れる日本の芸能の一つ、

「文楽」

を稲取の済廣寺(かや寺)にて

去来の会のイベントとして開催いたします!

吉田勘緑さんは文楽界でも異端児の様な存在で

横田年昭さんは、日本ジャズフルートの草分け的存在の人なんです。

この2人が「文楽」を通して作る世界感は必見ですよ!!!

*******************************

去来の会Ⅸ~天地情界~
日時 :5月28日(土)
時間 :開場・午後7時 開演・午後7時30分
会場 :大慈山済廣寺(かや寺)
チケット :前売り券・2,500円 当日券・3,000円
チケット販売場所 :フォトカプセル稲取(ヤオハン内)
     ヤシロ薬局
     モンマートえんどう
お問い合わせ先
    横田 年昭 0557-95-3979 fuefuki@inatori.info
ヤシロ薬局 0557-95-2648 yy@topaz.plala.or.jp
池上三和子 0557-95-0025

※収益金額は学校公演などの文化振興の為に使われます。

*******************************


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。