八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


9/23 咲甫さん、藤蔵さん、和夫さん、玉女さん他「第六回 酒都で聴く居囃子の会」(西宮市)

「白鷹禄水苑」ホームページより。
お申込みは、リンク先をご覧下さい。


能・文楽・講談 語り芸の系譜

それは平家怨霊譚にはじまった・・・
「船弁慶」

古くから芸能と縁の深い酒都・西宮の造り酒屋において、地元在住の能楽師による謡と囃子で、能特有のリズムと言葉の美しさを楽しむ「居囃子」の会。第6回目となる今回は、禄水苑開苑10周年を記念して、毎年恒例の伝統芸能公演の出演者全員による、能・文楽・講談の競演という形で、地元ゆかりの演目「船弁慶」を取り上げました。

物語の舞台、現在尼崎東部にその名を残す摂津国大物浦から西国へ向けて船出した義経一行が、突然の嵐で遭難したという史実をもとに、これを壇ノ浦に沈んだ平家の怨霊の仕業としたのが、平家物語です。本来琵琶法師によって鎮魂の意味をこめて語り継がれてきた平家怨霊譚を、能では平家を代表する公達・知盛と結び付け、怨霊イコール知盛であったとする「船弁慶」が生まれました。さらに時代を下り、文楽では「義経の西国落ちを阻んだのは知盛の怨霊ではなく、まさしく壇ノ浦を生き延びて密かに義経を討つ機会を狙っていた知盛本人であった。」という大胆な設定になっており、能「船弁慶」をふまえながら、またしても浄瑠璃ならではの大きな脚色がなされています。

本公演では能・文楽の本説となった平家怨霊譚の全容を講談で、そして能から本歌取りした文楽「義経千本桜 大物浦の段」を知盛の人形の所作をあわせて聴いていただいた後、番囃子で能「船弁慶」をお聴きいただきます。単に同じ題材を各芸能が時代によってどのようにとらえたかの比較ではなく、平家怨霊譚にはじまる、能・文楽・講談という「語り芸」の連鎖と関係性に焦点をあて、そこに面白味を感じていただけるような企画といたしました。

また本公演は禄水苑開苑10周年記念ということもあり、まず冒頭に祝言として、「翁」を上演しますが、これが能の謡と囃子にあわせて文楽の人形を遣うという、画期的な試みとなります。人形が演じる翁に続き、狂言方の三番三「揉ノ段」で十周年をめでたく祝います。

「酒」と「芸能」という西宮の持つ二つのアイデンティティーを結び付ける催事として、また地域文化の発信地を目指す禄水苑の十年の歩みの結実として、皆様にお楽しみいただければ幸いです。

【開催概要】
日 時 平成23年9月23日(金・祝)
14時45分開演(開場14時15分)
会 場 白鷹禄水苑 宮水ホール
費 用 一般 : 4,500円(前売り)/5,000円(当日)
アカデミー会員 : 4,000円(前売り)/4,500円(当日)

備 考 ※全席自由
※蔵出し限定酒のきき酒つき(ソフトドリンクもご用意しています)。
※公演終了後に、出演者を囲んでの「ほろ酔い談義」を開催します。
 -「ほろ酔い談義」の詳細はこちら-

お申し込み 申し込みフォームにご記入の上、ご予約の後、二週間以内に銀行振り込みでお支払いをお願いいたします。代金の振込確認後にチケットを郵送させていただきます。
お振込先 三菱東京UFJ銀行 西宮支店
普通4608446 ニシノミヤハツイマデントウ

※恐れ入りますが、振込手数料はご負担いただきます。
※お振込み先は「白鷹禄水苑」ではございませんので、ご注意ください。
※前売り券完売の場合、当日券の販売は中止させていただきますので、ご了承ください。



※アカデミー会員とは白鷹禄水苑の文化会員です。(アカデミー会員の詳細はこちら)

【番組】
番囃子「翁」
~能と文楽人形による~


  シテ(翁) 上田拓司
  ツレ(千歳) 上田宜照
  地謡 梅若基徳/寺澤幸祐
囃子
  笛 斉藤敦
  小鼓 久田舜一郎
  大鼓 守家由訓
  人形 翁 吉田和生/吉田玉佳/吉田玉翔

「三番三」 揉之段 善竹隆平

文楽 「義経千本桜 大物浦の段」
  浄瑠璃 豊竹咲甫大夫
  三味線 鶴澤藤蔵
  人形 知盛 吉田玉女/吉田玉佳/吉田玉翔

[ 休憩 ]

講談「船弁慶」
  旭堂南陵

番囃子「船弁慶」  

  シテ(静・知盛の怨霊) 梅若基徳
  ワキ(弁慶) 寺澤幸祐
  ワキツレ(義経の郎党) 上田彰敏
  子方(義経) 寺澤拓海
  間狂言(船頭) 善竹隆司
  地謡 上田拓司/上田宜照

囃子
  笛 斉藤敦
  小鼓 久田舜一郎
  大鼓 守家由訓
  太鼓 上田慎也




公演終了後、ほろ酔い談義
盃を片手に、出演者を囲んで・・・

公演終了後、盃を片手に出演者を囲んで素敵な一時を過ごしませんか?直接お話しし、舞台では見ることのできないその素顔にふれることのできる絶好の機会です。

日 時 9月23日(金・祝) 公演終了後
17:30~19:00
会 場 白鷹禄水苑土間ホール
参加費 1,500円(フリードリンク・酒肴付き) ※ソフトドリンクもご用意しています。

お申し込み 参加希望の場合、公演チケットと同時にお申込みください。
公演チケット申し込みフォームに参加人数をご記入の上、ご予約の後、参加費を公演チケット代と一緒に銀行振り込みにてお支払いをお願いいたします。振込確認後に両チケットを郵送させていただきます。
お振込先 三菱東京UFJ銀行 西宮支店
普通4608446 ニシノミヤハツイマデントウ

※恐れ入りますが、振込手数料はご負担いただきます。
※定員に達した場合、当日券の販売は中止させていただきますので、ご了承ください。


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。