八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


咲大夫さん 第41回エクソンモービル音楽賞邦楽部門 受賞

【エクソンモービル・ジャパン】ニュースリリースより。


2011年度エクソンモービル児童文化賞・音楽賞 受賞者決定のお知らせ


2011年9月7日
各位
エクソンモービル有限会社
広報渉外部
Tel:03-6713-4400


2011年度エクソンモービル児童文化賞・音楽賞 受賞者決定のお知らせ

エクソンモービル・ジャパングループ(代表:P. P. デューコム)は、2011年度エクソンモービル児童文化賞及びエクソンモービル音楽賞の受賞者を次の通り決定しましたので、お知らせいたします。受賞者にはそれぞれトロフィーと副賞賞金200万円が贈られます。



なお、来年4月には仙台市において本年度の音楽賞洋楽部門本賞受賞者である仙台フィルハーモニー管弦楽団により、エクソンモービル・ジャパングループ为催の東日本大震災復興支援コンサートが行われる予定であることも、あわせてお知らせいたします。



第46回エクソンモービル児童文化賞 受賞者
河合 雅雄(かわい まさを)
霊長類学者



第41回エクソンモービル音楽賞 受賞者
邦楽部門
豊竹 咲大夫(とよたけ さきたゆう)
文楽義太夫節大夫



洋楽部門 本賞
公益財団法人 仙台フィルハーモニー管弦楽団(こうえきざいだんほうじん せんだいフィルハーモニーかんげんがくだん)
オーケストラ



洋楽部門 奨励賞
粟國 淳(あぐに じゅん)
オペラ演出



私たちエクソンモービル・ジャパングループは、企業も社会を構成する市民の一員であり、社会に役立つ活動を続けていくことは企業の大切な責任のひとつであると考えています。この理念に基づいて、長年さまざまな社会・文化貢献活動を展開してきました。
エクソンモービル児童文化賞及びエクソンモービル音楽賞は、わが国の児童文化、音楽文化の発展、向上に尽くしてこられた方々をたたえ励ますもので、今年でそれぞれ46年目、41年目を迎えました。私たちは、人々が感動し笑顔になれるような社会・文化貢献活動をこれからも進めていきたいと考えています。



以上




【エクソンモービル・ジャパン】社会貢献(芸術・文化)より。
-エクソンモービル児童文化賞・音楽賞-

エクソンモービル児童文化賞・音楽賞は日本でも有数の長い歴史を持つメセナ活動であり、わが国の児童文化・音楽文化の発展、向上に尽くして来られた方々をたたえ励ますものです。2011年で児童文化賞は46回、音楽賞は41回を迎えました。

第41回
エクソンモービル
音楽賞受賞者
邦楽部門
豊竹 咲大夫
文楽義太夫節大夫

◆ 贈賞理由 ◆

豊竹咲大夫氏は文楽の代表的な大夫で、文楽において現在もっとも重要な活動をしている音楽家の一人である。豊竹山城少掾に9歳で入門し、9歳で初舞台を行って以来、山城少掾、父の八世竹本綱大夫をはじめとする優れた音楽家の薫陶を受け、文楽の義太夫節の様式を身につけた。文楽の多くの古典作品を習得し、演奏を洗練させてきた。人間について深い洞察を必要とする近松作品を優れた解釈で演奏する一方、滑稽な場面も個性的に演奏する能力をもつ。新しい作品の演奏と創作にも努力している。豊竹咲大夫氏は文楽の上演に大きな功績を果たしていて、これからも文楽を導いていくことが期待される。

(エクソンモービル音楽賞邦楽部門 選考委員会)




第46回
エクソンモービル
児童文化賞受賞者
河合 雅雄
霊長類学者

◆ 贈賞理由 ◆
世界的なサル学の権威である河合雅雄氏は、『少年動物誌』、『小さな博物誌』、『河合雅雄の動物記』などの著作で、子どもたちに自然や動物への興味や関心を培うとともに、草山万兎の筆名で『ゲラダヒヒの紋章』、『ジャングルタイム』などの児童文学作品も多数発表し、子どもの文化に多大な功績を印してきた。『子どもと自然』では、霊長類学者として人間と文化に対する深い洞察に基づき、子どもにとっての遊びの大切さを提言するなど、その知見は親や教師はもちろん、子どもに関わる多くの人たちに示唆的であった。また、子どもを対象にした自然・環境教育の分野での実践活動の功績も高く評価されている。東日本大震災以降、明日の子どもたちと自然や環境を考える上で、同氏を顕彰することの今日的意味は大きい。

(エクソンモービル児童文化賞 選考委員会)



第41回
エクソンモービル
音楽賞受賞者
洋楽部門本賞
公益財団法人
仙台フィルハーモニー
管弦楽団
オーケストラ

◆ 贈賞理由 ◆
仙台フィルハーモニー管弦楽団は、1978年からの歴史をもつわが国を代表するオーケストラのひとつで、優れた音楽性と演奏に注がれる情熱と誠意により聴衆を魅了してきた。近年は常任指揮者にパスカル・ヴェロ、正指揮者に山下一史を迎えてさらなる躍進をとげ、東京公演、海外公演も積極的に行っている。さらにオペラや仙台国際音楽コンクールを支えるオーケストラとしても活躍し、演奏活動は多彩を極める。また社会貢献でも特筆すべき成果を挙げている。特に東日本大震災では自ら被災したにも拘らず、地域社会のためいち早く立ち上がり、連続して復興コンサートを実施してきた。音楽の力、演奏の力によりオーケストラがもつべき社会性を再認識させた点も高く評価しての贈賞となったことは、言うまでもない。

(エクソンモービル音楽賞洋楽部門 選考委員会)




第41回
エクソンモービル
音楽賞受賞者
洋楽部門奨励賞
粟國 淳
オペラ演出

◆ 贈賞理由 ◆
台本に描かれた劇的世界を音楽がいかに表現しているかをスコアから的確に読取り、劇と音楽のバランスの上に新しい視点や解釈の提示が求められるオペラ演出は、その機会が限られるわが国ではまだ途上にある領域である。しかしここ数年の間に、『トゥーランドット』や『コジ・ファン・トゥッテ』、『ホフマン物語』、『アイーダ』等で、独創的かつ想像力溢れる舞台を展開し、わが国のオペラ演出に新しい可能性と未来を感じさせたのが粟國淳氏である。着想の奇抜さ、目の覚めるようなファンタジーの視覚化、新しい意味の発見、劇と音楽の見事な融合など、オペラの妙味を存分に味わわせてくれる能力は高く評価できる。今後、わが国のこの領域における中心的存在となることを期待して、洋楽部門奨励賞を贈呈する。

(エクソンモービル音楽賞洋楽部門 選考委員会)



1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。