八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【富山新聞】生徒ら文楽の人形操る 氷見・西部中で体験事業

【富山新聞】より。

生徒ら文楽の人形操る 氷見・西部中で体験事業 (9月29日01時13分更新)

 人形浄瑠璃文楽座(大阪市)の文化芸術体験事業は28日、氷見市西部中で開かれ、同校生徒や速川小の児童ら約170人が体験や公演を通じて文楽の魅力を理解した。
 体験は文化庁の事業で行われた。文楽座の10人が出演し、「太夫」や「三味線」「人形」の役割について解説した。

 三人一組で操る人形の解説では、吉田文哉さんの指導で生徒たちが、人形の手足を動かしたり、ポーズを取る動作を体験した。生徒らは「傾城阿波の鳴門」の公演を鑑賞した。


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。