八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【asahi.com】浄瑠璃の原点「姫物語」を現代語で

【asahi.com】より。

浄瑠璃の原点「姫物語」を現代語で

 物語に独特の節をつけて語る浄瑠璃の原点「浄瑠璃姫物語」が22日、横浜能楽堂で現代語の平成版となり、よみがえる。浄瑠璃の伴奏に三味線が登場する以前の琵琶を、上原まりが奏で、語り、人形浄瑠璃文楽の桐竹勘十郎が姫を遣う。

 浄瑠璃とは仏教用語で、瑠璃のように清浄なたとえ。物語に描かれるのは、清らかな名の美しい姫と牛若丸との恋模様だ。室町時代初期に琵琶法師が広め、浄瑠璃の起源となった。今回は、宝塚歌劇団の演出家で脚本家の児玉明子が、現代語で書き下ろした脚本で上演する。

 従来の文楽は大夫の語りと三味線で演じられるが、「琵琶は本来、語り物の伴奏だった楽器。違和感はない」と勘十郎。「音色の魅力は、軍記物の平曲に代表される激しさ、迫力。負けぬよう演じたい」

 今夏には三人遣い以前の一人遣いを現代技術で復活、話題になった。挑戦が続く舞台に、「やればやるほど人形は奥深い。試行錯誤しつつ可能性を探り続けたいと思います」。

 牛若丸の人形は吉田勘弥が遣う。午後2時と5時半、5千~4千円。電話045・263・3055(能楽堂)。(西本ゆか)



1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。