八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【MSN産経West】[激動!橋下維新] 橋下改革「大フィル」「文楽」の運営危機に

【MSN産経West】より。

[激動!橋下維新] 橋下改革「大フィル」「文楽」の運営危機に(2011.12.10 16:07)

 大阪の芸術文化を支えてきた大阪フィルハーモニー交響楽団(大フィル)や財団法人・文楽協会など老舗の文化団体が行政改革の波に翻弄(ほんろう)されている。橋下徹次期新市長が、市の補助金の全額カットを含む大幅見直しを市職員に指示したことが伝えられた大フィルでは「2年前から団員の新規採用も控えており、経費削減はもはや限界」と補助金なしでの運営の危機を訴える。大阪の伝統文化は守られるのか。

(安田奈緒美、亀岡典子)

■楽団史上最大の経営危機

 橋下氏が府知事だった平成21年、大フィルは府からの年約6300万円の補助金を全額カットされ、7年にわたって融資を受けてきた借入金(年6千万円~1億円)も打ち切られた。

 補助金カットは楽団運営を圧迫。大フィルでは人件費を切り詰めるため、21年から2年間、退職者11人に対し、新規採用はゼロ。楽団の定員96人に対し、72人という欠員状態が続いている。

 大フィルによると年間予算約10億円のうち、事業収入で予算全体の約5割、2~3割を公的助成で賄ってきた。一方、支出では予算全体の約5割を人件費が占める。

 平成19年度の楽団員の平均給与は約520万円。これに対し、市職員の平均給与は約687万円(22年度)で、決して高いとはいえないが、「今後、大幅な公演数増加などは見込めず、補助金カットは給与削減にも影響しかねない」と大フィル側は危惧(きぐ)する。

 大フィルは戦後、国際的指揮者、朝比奈隆氏とともにその歴史をつくってきた。海外公演も積極的に行い、CDリリースは日本でもっとも多い楽団とされ、大阪の音楽文化に貢献してきた。

 「観光都市を目指すならギャンブルより芸術だと思います」。大フィルが今年から始めたツイッターで、佐々木楠雄常務理事が今月、補助金の必要性を主張する声明を紹介したところ、こんな市民の声が寄せられたという。「ツイッターにはこれまでの数十倍にあたる数百件の市民の励ましの声が寄せられています。大フィルが大阪市に文化貢献で寄与できることを理解してもらうため、粘り強く交渉したい」と同事務局は話す。

■世界に誇る文楽の危機

 「二度と文楽を見ることはない」。2年前、大阪・国立文楽劇場で文楽を観劇後、こう語った、当時、知事だった橋下氏は、文楽協会への助成金カットを断行した。

 平成19年度に3600万円だった府の補助金を、今年度、2000万円に減額しており、今回の「市の補助金大幅見直し」の指示は文楽協会に所属する技芸員の危機感を募らせている。

 平成23年度、文楽協会は市から5200万円、府から2000万円、国から8000万円の補助金を受けている。

 補助金による収入は全収入の約2割を占め、残り8割は公演の興行収入などの事業収入だが、舞台制作費や技芸員の給料などに充てられ、経営状況は「少しの赤字かトントンの状態」と文楽協会の三田進一次長は説明。補助金は主に人件費や若手育成費に充てられているという。

 「まだ具体的な指示はないので何ともいえないが」と三田次長は前置きしながらも、「もし補助金が大幅にカットされれば、後進の指導などが円滑にいかなくなる。さらに、文楽の構造やしくみを根底から覆すことにつながる」と話す。

 文楽協会では毎年3月と10月に地方公演を行っている。大阪や東京以外の全国のファンが文楽を見ることができる貴重な機会だ。協会の運営費が減らされれば、ユネスコの世界無形遺産にも認定される高い芸術性と大衆性を兼ね備えた文楽を全国各地で広く見る機会が失われる可能性もある。

 文楽関係者は「文楽は大阪で生まれ育った世界に誇る文化。次代につなげるためにも補助金カットは、文楽の存続の根幹にかかわる」と訴えている。


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。