八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


3/1 英大夫さんご出演 伝統芸能にふれる催し第7回「文楽へのいざない」(大阪市)

【大阪市】ホームページより。
伝統芸能にふれる催し第7回「文楽へのいざない」を開催します

[2012年1月11日]問合せ先:中央区役所 市民協働課 市民活動支援グループ(06-6267-9837)
平成24年1月11日 14時発表
 大阪市中央区役所では、ユネスコ世界無形文化遺産に指定された中央区発祥の「文楽」を市民の皆様に身近に感じていただくため、区役所ロビーにおいて、平成24年3月1日(木)に第7回 「文楽へのいざない」を開催します。 

今回の催しは、中央区日本橋にあります特定非営利活動法人 人形浄瑠璃文楽座の協力で、文楽のおはなしと大夫の実演・体験を行います。事前申込は不要ですのでどなたでもお気軽に参加いただけます。
また、「文楽へのいざない」に先駆けて、「文楽展~なにわの春に文楽凧が舞う~」を開催いたします。皆さまのご来場をお待ちしております。

本事業は、当区役所の特色である広い玄関ロビーを活用し、国立文楽劇場を擁する中央区の地域性を活かして、豊かな歴史的・文化的資源に触れるきっかけをつくり、市民の皆様にひろく知っていただくために取り組んでいる事業です。平成20年度から「区の歴史と文化を活かした生涯学習事業」として実施しており、今回の「文楽へのいざない」は開始当初から7回目の開催となります。





豊竹英大夫さん
.1 開催日時
平成24年3月1日(木) 12時15分~13時

2 開催場所
中央区役所 1階 ロビー
 大阪市中央区久太郎町1丁目2番27号
地下鉄「堺筋本町駅」3番出口東へ100m

3 内容
(1)文楽のおはなし
(2)大夫(たゆう)の実演と体験

4 出演
豊竹 英大夫(とよたけはなふさだゆう)さん ほか

5 申込
不要。直接会場へお越しください。



豊竹英大夫さん プロフィール
人形浄瑠璃文楽座・大夫。昭和42年8月、三代竹本春子大夫に入門。祖父十代豊竹若大夫の幼名の豊竹英大夫と名のる。昭和44年7月、同年4月の春子大夫の逝去により竹本越路大夫の門下となる。
[受賞歴]昭和46年9月 国立劇場奨励賞。昭和53年1月 昭和52年度文楽協会賞。平成6年1月 第13回国立劇場文楽賞文楽奨励賞。平成15年1月 第22回国立劇場文楽賞文楽優秀賞 。





文楽展~なにわの春に文楽凧が舞う~
1 開催日時
平成24年2月22日(水) ~29日(水) 区役所開庁時間内

2 開催場所
中央区役所 1階 ロビー
大阪市中央区久太郎町1丁目2番27号
 地下鉄「堺筋本町」駅3番出口東へ100m

3 内容
(1)岡竹三雄さん作成「文楽凧」の展示
 (2)文楽人形、三味線、見台等の展示
 (3)文楽に関するビデオ上映

4 申込
不要。直接会場へお越しください。

文楽とは
江戸時代に大坂で生まれた人形芝居で、人形浄瑠璃とも呼ばれる。大夫と三味線が浄瑠璃を、義太夫節という音曲で語り、人形遣いが3人で遣う三位一体となった音楽劇。太夫、三味線、人形遣いを三業(さんぎょう)という。中でも大夫が、ひとりで物語の情景を描写し、多くの登場人物のせりふを語り分ける重要な役を務めている。竹本義太夫が1684年に大坂に竹本座を開き、新しい語り口である義太夫節の人形浄瑠璃を始めたのが草創期。18世紀半ばには「菅原伝授手習鑑」「義経千本桜」「仮名手本忠臣蔵」などの名作を生み、黄金時代を迎えた。明治時代に植村文楽軒が文楽座を名乗る。1955年に国の重要無形文化財に団体指定され、1984年には大阪に専用の国立文楽劇場がつくられた。2009年、ユネスコ世界無形文化遺産に登録された。


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。