八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


~2/29「はなやか関西~文化首都年~2012」平成24年度テーマ「人形浄瑠璃」の取組団体の募集について

【国土交通省 近畿地方整備局 近畿圏広域地方計画推進室 】ホームページより。

平成24年度テーマ「人形浄瑠璃」の取組団体の募集について

「はなやか関西~文化首都年~2012」のテーマ「人形浄瑠璃」に関連する地域資源を活用した取組を行っている団体を関西各地から募集します。

詳しくは下記、応募要領をご覧頂き、応募用紙にご記入下さい。

【募集期間】平成24年2月1日(水)~2月29日(水)
【応募要領】抜粋

「はなやか関西~文化首都年~ 2012『人形浄瑠璃』」
取組参加団体応募要領

近畿圏広域地方計画推進室では、「はなやか関西~文化首都年~ 2012『人形浄瑠璃』」
の取組参加団体を募集します。

1.「はなやか関西~文化首都年~」の目的(別紙1参照)
近畿圏広域地方計画は、人口減少・高齢化時代や国際競争が激化する時代にあっても自立的に発展できる「知と文化を誇り力強く躍動する関西」を目指して、近畿圏(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)を対象に作成された概ね10ヶ年の計画です。(国土形成計画法第9条の規定に基づき、近畿圏広域地方計画協議会における協議等を経て、平成21年8月4日に決定。)
「文化首都圏プロジェクト」は、近畿圏広域地方計画の主要プロジェクトの第1に位置づけられており、多様で厚みのある文化の集積を活かして、我が国を代表し牽引する役割を担う圏域「文化首都圏」の形成を図るというものです。
「文化首都圏プロジェクト」の取組の一つとして、関西の「本物(ほんまもん)」の資源を活かした多様な主体による地域発意の取組を選定・支援し、国内外へ戦略的に情報発信を行う「関西ブランド」の創造が掲げられました。
近畿圏広域地方計画協議会の構成機関で平成21年度に構成された「関西のブランド力向上に関する検討会」による検討の結果、「関西ブランド」を創造する具体的手法として、平成23年度より、関西各地に存在する本物の資源を活かした地域づくりやものづくり等に関する多様な取組について、毎年度特定のテーマを設定し、そのテーマに沿った連携事業・情報発信・イベント等を関西が一丸となって行う「はなやか関西~文化首都年~」の取組を実施しています(平成23年度のテーマは「茶の文化」)。
このような取組を契機とし、関西の企業・住民・公的機関が幅広くかつ広域的に連携して地域づくりへ参加することによって、関西発の観光立国や関西の産業への投資や需要の拡大が実現し、関西が我が国を牽引する文化首都圏となることを目指します。

2.平成24年度テーマ「人形浄瑠璃」(別紙1参照)
人形浄瑠璃は、関西各地において発展し、全国に広がった伝統芸能であり、2008年には人形浄瑠璃文楽がユネスコの無形文化遺産に登録されています。この「人形浄瑠璃」の発祥の地が関西であり、人形浄瑠璃文楽をはじめ、西宮~淡路~徳島につながる「人形浄瑠璃街道」など、関西には人形浄瑠璃に取り組んでいる団体や地域が多数存在します。
「はなやか関西~文化首都年~」では、平成24年度のテーマを「人形浄瑠璃」に設定し、関西各地において地域ごとに行われている人形浄瑠璃に関する取組をパッケージ化することにより、取組間の交流・連携を深め、オール関西で「関西ブランド」としての価値向上への支援や国内外への情報発信等を行い、「人形浄瑠璃」を通じた関西の認知度・関心度の向上を強力に推進していきます。
これら取組の開始にあたり、今般、「人形浄瑠璃」に関する関西各地の取組を「はなやか関西~文化首都年~2012『人形浄瑠璃』」の取組参加団体として募集します。

3.「はなやか関西~文化首都年~2012『人形浄瑠璃』」に関する活動や事業(以下「取組」という。)の応募について
(1)対象となる取組
近畿圏及び隣接県(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県、三重県、鳥取県、徳島県)において、平成24年度に行われる予定の取組を対象とします。
(2)応募単位
応募は一つの取組を単位とします。
ただし、同一主催者の下で行われる、趣旨を同じくする複数の取組については、包括して一つの取組とすることができます。
(3)応募の受付
営利・非営利の別は問いませんが、主催者の責任において実施される取組に限ります。主催者である活動団体が、単体もしくは共同で応募するものとします。
(4)応募方法
別紙2の応募用紙に①取組名、②主催者名、③取組場所、④取組時期、⑤取組の概要(現在の活動及び事業の内容や対象、主催者の紹介、「人形浄瑠璃」との関わりに関する自己アピール、本取組に参加する動機及び目的など)、⑥問い合わせ先(住所、電話、FAX、E-mail、Webサイト)、⑦責任者名(住所、電話、FAX、E-mail、Webサイト)を明記し、適宜参考となる資料を添付の上、次のいずれかの方法によりご応募ください。
なお、応募用紙は、近畿圏広域地方計画ホームページよりダウンロードできますのでご利用ください。
URL: http://www.kkr.mlit.go.jp/kokudokeikaku/index.html
1)郵送
別紙3の提出先に、「はなやか関西~文化首都年~ 2012『人形浄瑠璃』」取組募集と赤字で明記して、お送り下さい。
2)電子メール
メールアドレスsuishinshitsu@kkr.mlit.go.jp
近畿圏広域地方計画推進室「人形浄瑠璃」取組募集宛
※題名を「はなやか関西~文化首都年~ 2012『人形浄瑠璃』」取組募集として、提出してください。
〔メール応募のご注意〕
①メールの容量は、4MB以下(添付ファイル含む)としてください。
②.zip、.exe の拡張子のファイルは、事務局の情報セキュリティ上、お受けできません。別形式でご送付下さい。
◎ 別紙2の応募用紙①~⑥までの事項は、「近畿圏広域地方計画ホームページ」等において、関西のブランド力向上推進有識者委員会による選定後、紹介される場合があります。

(5)スケジュール(予定)
募集開始平成24年2月1日(水)
募集締め切り平成24年2月29日(水)(必着)
関西のブランド力向上推進有識者委員会による選定平成24年3月上旬
選定結果の公表平成24年3月上旬

(6)その他応募にあたっての留意事項
1)応募資料提出後、事務局等から内容の問合せを行う場合あります。
2)応募資料は原則返却いたしません。返却が必要な資料については、その旨明記してください。
3)添付する写真について
写真の内容については、第三者の肖像権、プライバシー等を侵害することのないよう十分気をつけてください。また、選定された場合は、公表時や、冊子、ホームページ等の団体紹介等で使用する場合がありますことを事前にご了承願います。
4)特定の政治活動や宗教活動等に利用される疑いがある場合、「はなやか関西~文化首都年~ 2012『人形浄瑠璃』」の趣旨を誤認される疑いがある場合は、選定されませんので、ご注意ください。
5)「はなやか関西~文化首都年~2012『人形浄瑠璃』」に選定された取組団体については、実行委員会(官民が連携して「はなやか関西~文化首都年~ 2012『人形浄瑠璃』」のプロモーション等を推進する組織。実行委員長、アドバイザー、近畿圏広域地方計画の主な構成機関、取組選定団体の有志で構成)に参画していただくようお願いをする場合があります。
4.選定について
(1)選定の流れ
応募資料をもとに、学識者等からなる関西のブランド力向上推進有識者委員会により審査を行います。
(2)選定のポイント
審査を行う上での選定のポイントは以下のとおりです。
①「はなやか関西~文化首都年~2012『人形浄瑠璃』」とのテーマ適合性
② 関西ブランドの創造や地域づくり、ものづくり、人づくりへの成果及び波及効果
5.取組選定の特典
取組として選定されると、取組主催者には以下の特典があります。
(1)協働による広報活動について
近畿圏広域地方計画推進室では、「はなやか関西~文化首都年~ 2012『人形浄瑠璃』」の各取組に関する次の広報活動を行います。(ただし、②以下については各取組の実施時期、規模等により広報活動が行われないことがあることを予めご了承ください。)
① 「公式ガイドブック」(冊子及びWeb版)に取組の概要を掲載
② 「近畿圏広域地方計画Webサイト」(近畿地方整備局提供)への掲載
③ 国・地方公共団体・関係団体等が発行する情報誌等への広報協力の依頼
④ 新聞・雑誌・テレビ・ラジオ等への広報協力の依頼
なお、各取組主催者においては、自らの主催する取組の広報にあたり、「はなやか関西~文化首都年~2012『人形浄瑠璃』」の下で行われる他の取組についても同時に広報していただけるようご配慮をお願いします。
(2)参加事業名義(「はなやか関西~文化首都年~」)の使用
取組実施の際に、「はなやか関西~文化首都年~」名義及びロゴマークを使用した広報ができます。ポスター、リーフレット等の掲示物や配布物への印刷・貼付のほか、映像、Web への使用が可能です。
なお、本名義の取り扱いに関しては、以下を厳守していただきます。
① 選定された取組以外には使用しないこと。
② 関西のブランド力向上の取組のイメージを損なう展開、応用使用はしないこと。
③ 関西のブランド力向上の取組の名義を改変しないこと。
④ 名義そのものを販売しないこと。
⑤ あたかも当局の許認可や保証を受けているかのように装うなど、「はなやか関西~文化首都年~」の趣旨にそぐわない興業・物品・サービスの販売促進のために使用しないこと。
(3)近畿圏広域地方計画構成機関の後援名義使用(別紙1の3ページ「関係機関」参照)
取組の広報にあたり、近畿圏広域地方計画構成機関の後援名義を使用できる場合があります。(例:「後援近畿地方整備局」)
近畿圏広域地方計画推進室が各構成機関への取次窓口となり、各構成機関が許可基準により、当該取組に対して、後援名義使用の可否を判断することになります。
6.問い合わせ先
別紙3の事務局へお願いします。


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。