八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【毎日jp】文楽:「彦山権現」ほか(国立小劇場) 人物描写、巧みに

【毎日jp】より。

文楽:「彦山権現」ほか(国立小劇場) 人物描写、巧みに

 3部制公演で、1部は「彦山権現」。六助を巡る「杉坂」から「仇討」までで、眼目の「毛谷村」は咲甫・清志郎、咲・燕三。次々に謎めいた人物が出てくる物語の面白さと、朴訥(ぼくとつ)な六助の人柄を語り出した。玉女の六助、和生のお園、玉輝の弾正と人形もそろう。

 2部は「千本桜」の三段目で「椎の木」を芳穂・寛太郎、咲甫・清友が手堅く語り、「小金吾討死」は文字久・喜一朗。「すしや」は前半が住・錦糸で、権太をはじめ多彩な人物の思いを練達の技巧で語り分けた。後半は源大夫病気休演で、英・藤蔵、千歳・團七が語る。千歳は権太の血を吐くような述懐が光る。勘十郎がふてぶてしいが愛嬌(あいきょう)のある権太を人形独自の動きと形で表現、簑助のお里が田舎娘の純情を艶やかに見せ、紋寿の弥助、玉也の弥左衛門ら人形陣も良い。

 「五十年忌歌念仏」は呂勢・宗助以下の掛合いで、清十郎のお夏が可憐(かれん)であった。

 3部は「寺子屋」で津駒・寛治が緊迫した首実検を気迫を込めて語り、嶋・富助が親に戻った松王夫婦の複雑な思いを情をこめて描き出した。玉女の松王が大きく立派で、「いろは送り」では文雀の千代と共に、人形ならではの動きで、子を犠牲にした悲しみを表現した。和生の源蔵、勘寿の戸浪も好演。「日本振袖始」の「大蛇退治」は東京初演の復活狂言で、呂勢、咲甫、芳穂・清治、清志郎らの演奏が華やか。勘十郎の岩長姫が大蛇の不気味さを豪快に見せた。20日まで。(水落潔)


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。