八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【MSN産経フォト】文楽に逢う

【MSN産経フォト】より。


文楽に逢う(2012.02.15)
撮影場所 東京都千代田区の国立小劇場

でーん、でーん。

 それはまるで地鳴りのように体の奥底に響く音色であった。次の瞬間には空気を切り裂く音に変わり、さらには、きらびやかで情感豊かな音色が、聴く者の内臓にまで迫る。

 「文楽の三味線は切っ先がすべて。太夫と三味線が目一杯の力を本気でぶつけあったところに、訴える力が生まれる」。文楽三味線の人間国宝、鶴澤清治はそう言い切った。


 舞台稽古で「日本振袖始・大蛇退治の段」を演奏する文楽三味線の人間国宝、鶴澤清治。弟子の一人が「三味線持ったら人が変わる。稽古の時はピリッとした感じで近寄りがたい」と話すように威厳に満ちあふれる。太棹三味線から奏でられる音色は繊細で華麗、それでいて力強く豪快。相反する言葉がいくつも当てはまるほど、その表現は無限のように感じられる。(東京・国立小劇場)


 今月、東京・国立小劇場「2月文楽公演」で、「日本振袖始・大蛇退治の段」(近松門左衛門・作)を勤めている。

 神話にも登場する素戔嗚尊(すさのおのみこと)が、八岐(やまた)の大蛇の生贄になる稲田姫を救うため、大蛇に酒を飲ませて酔わせ、退治するという物語。2年前、大阪・国立文楽劇場で127年ぶりに復活上演された際、清治が補綴・補曲をつとめた。


「日本振袖始」(大蛇退治の段) 八岐の大蛇を退治する素戔嗚尊の立ち廻り。激しい三味線の音色とスピード感に酔いしれた。


 大蛇が変身した岩長姫が毒酒を飲んで次第に酔っ払っていくさまや、素戔嗚尊と大蛇との戦いが、太棹と鼓や笛との掛け合いで迫力たっぷりに表現、太棹の醍醐味が味わえる。

 7歳で名人、四代鶴澤清六に入門。清六の死後は同じく名人の十代竹澤弥七門下に。若いころから将来を嘱望され、30代に入ってすぐ、人間国宝の四代竹本越路大夫の三味線を弾く。



 「日本振袖始」(大蛇退治の段) 大蛇がうごめく舞台。迫力ある太棹三味線の音色が大蛇の巣窟を、おどろおどろしい雰囲気に演出する。


 「若いころは、『目一杯やれ』とばかり言われてきた。手がこむら返りになるほど弾いたし、三味線の皮を何枚も破ったもんです」



 舞台稽古が終わり笑顔を見せる鶴澤清治。弟子の一人、鶴澤清志郎は「稽古の時はとても厳しいけど、普段は優しくておおらかな方です」と話す。ケガをして満足に稽古ができなかったときに「気落ちせずに、こんな時にこそできることをしたらいい」と言葉をかけられ、励まされたというエピソードを語ってくれた。


 近年は、景事といわれる舞踊劇の芯を勤めることが多い。中堅若手を率いてぐいぐいリードする三味線は溜飲が下がる心地よさだ。「義経千本桜・道行初音旅」では華やかさのなかに切れ味があり、「鬼一法眼三略巻・五条橋の段」ではその臨場感に客席がハッと息をのんだ。



 演奏する文楽三味線の人間国宝、鶴澤清治。左は岩長姫を勤めた豊竹呂勢大夫。


 「景事は三味線弾きの力が試される。派手で勢いのある演奏で圧倒したい」

 そんな清治の記憶に刻まれているのは、幼いころから聴いた名人たちの音色だという。「偉い師匠、先輩方の横で、ツレ弾きで聴いた音色はいまも僕の記憶と体に残っている。その記憶をたどって、ちょっとでも伝えていきたい」

 至高の音色を求めて、清治の旅は続く。


  写真 頼光 和弘

   文 亀岡 典子



 大蛇が人の化身となった姿の岩長姫。匂いにつられて壺に入れられた毒酒を飲み、次第に酔っ払うと恐ろしい本性が現れた。


 【景事(けいごと)】 文楽の演目には大きく分けて、武家や公家社会のドラマを描く「時代物」、市井に生きる町人の情を描いた「世話物」、そして舞踊劇的な「景事」の3つにジャンル分けすることができます。景事は、義太夫節にあわせて、人形が日本舞踊のように踊るため、華やかな場面が多くなります。代表的な曲に「義経千本桜」より、狐忠信と静御前が登場する「道行初音旅」、「鬼一法眼三略巻」より、牛若丸と弁慶の出会いを描いた「五条橋」、「妹背山婦女庭訓」より、求馬をめぐる橘姫とお三輪の三角関係を描く「道行恋苧環」など。景事の場合、太夫と三味線が数人ずつ並ぶことが多く華やかで迫力ある演奏も魅力。


豪快な太棹三味線と鼓や笛との掛け合いで、素戔嗚尊(すさのおのみこと)と大蛇の闘う立ち廻りは迫力満点だ。素戔嗚尊 人形遣い・吉田幸助(舞台稽古から)




 鮮やかな撥さばき、棹の上を走るように動く指先の繊細な動き。鶴澤清治は「文楽の三味線は切っ先がすべて」と語った。


頼光 和弘
 事件や事故に災害現場などの緊迫した現場取材が多い無骨者。最近、古典芸能「文楽」の魅力にとりつかれたが「似合わない」との周囲の声も…。チャームポイントはウエスト102センチのビール腹


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。