八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【朝日新聞】目指せ なにわ博士【第174問】国立文楽劇場東側の碑は誰?

【朝日新聞】より。

目指せ なにわ博士【第174問】国立文楽劇場東側の碑は誰?(2012年02月25日)

 1984(昭和59)年に完成した国立文楽劇場(大阪市中央区)の近くに、二つの文学碑が建立されました。このうち、劇場から西側にある碑には文豪・谷崎潤一郎の「蓼喰う虫」の一節が刻まれています。それでは、東側にある碑には誰の文章が刻まれているでしょう?


 (1)井原西鶴 (2)松尾芭蕉 (3)近松門左衛門 (4)竹田出雲


 ***************************


 正解は(3)近松門左衛門。


 碑には「心中重井筒」の一節が刻まれています。近松は1703(元禄16)年、曽根崎の森の情死を脚色した「曽根崎心中」が大当たりし、以後「心中重井筒」「心中天網島」「女殺油地獄」など数多くの世話物を発表しました。時代物も作り、「国性爺合戦」は1715(正徳5)年から足掛け3年(17か月)のロングランになったといいます。


 (大阪検定1級・伊達正睦さん)


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。