八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


3/24上方演芸資料館特別展「らくごとぶんらくでイラスト紙芝居」(文楽イラスト紙芝居の上演)(大阪)

【大阪府ピピっとネット】より。

上方演芸資料館特別展「らくごとぶんらくでイラスト紙芝居」の開催案内番号:0000-8725

ご案内 大阪府立上方演芸資料館(ワッハ上方)では、みなさんに上方演芸をより深く理解していただき、一層親しみを感じていただこうと、話題の人物やジャンル、タイムリーなテーマ設定といった工夫を凝らした特別展を開催しています。


 今年度第4回目の特別展では、大阪を代表する古典芸能として、今なお多くの観客を魅了してやまない「文楽」に着目し、同じく上方芸能として非常に多くのファンを持つ「上方落語」とを融合した展示を開催します。


 上方落語には文楽や浄瑠璃が登場する噺がいくつもありますが、代表格ともいえる「寝床」と、文楽の「本朝二十四孝」をイラスト紙芝居に仕立てて上演するなど、子どもたちにも興味を持ってもらえる落語や文楽のイベントも実施します。


 子どもたちだけでなく、大人の方にも楽しんでいただける特別展ですので、演芸ファンのみならず、文楽のファンの方も、ぜひ、この機会にワッハ上方にお越しいただき、楽しいコラボレーションを体験していただきたいと存じます。


■特別展「らくごとぶんらくでイラスト紙芝居 ‐上方落語と文楽の橋渡し!!‐」
   ○開催期間  平成24年3月22日(木曜日)から7月3日(火曜日)まで

   ○場所  大阪府立上方演芸資料館(ワッハ上方) 4階展示室

   ○展示内容  イラストレーター中西らつ子さんによる落語と文楽をテーマにした作品約200点
            (絵画・ポスター・紙芝居・かるたなど)を中心に、子ども向けの落語と文楽を
            紹介したパネルなどを展示


■関連イベント
 1 「らくごとぶんらくで紙芝居 浄瑠璃とイラスト紙芝居」(文楽イラスト紙芝居の上演)
   ○とき  平成24年3月24日(土曜日)14時から

   ○出演  竹本相子大夫(太夫)、竹澤宗助(三味線)、
          鶴澤清志郎(三味線)、吉田玉翔(人形遣い)


 2 「らくごとぶんらくで紙芝居 落語とイラスト紙芝居」(落語イラスト紙芝居の上演と落語一席)
   ○とき  平成24年5月3日(木曜日)14時から

   ○出演  桂雀喜(落語家)


 3 「らくごとぶんらくで紙芝居 開催記念『雑談』」(トークイベント)
   ○とき  平成24年6月2日(土曜日)14時から

   ○出演  中西らつ子(イラストレーター)、吉村智樹(放送作家)

  ※特別展及び関連イベントへの入場料は無料です。ただし、展示室入場料が必要となります。

 なお、平成24年5月29日(火曜日)までは、第15回上方演芸の殿堂入り特別展『二代目露の五郎兵衛 若井はんじ・けんじ』も開催中です。怪談噺・艶笑噺・芝居噺において独自の境地を切り開いた上方落語界の大看板「二代目露の五郎兵衛」さんと、「アタマの先までピーコピコ!」で一世を風靡した伝説の兄弟漫才師「若井はんじ・けんじ」さん、2組の舞台写真やポートレート、プログラム・ポスター、チラシ、舞台衣裳や愛用品など関係資料を一挙に展示していますので、こちらもご覧いただけます。


【参考】
・所在地
   大阪府立上方演芸資料館(ワッハ上方)
   大阪市中央区難波千日前12-7 YES・NAMBAビル

・最寄り駅
   地下鉄「なんば」、南海「難波」、近鉄・阪神「大阪難波」駅徒歩5分、JR「JR難波」駅徒歩10分

・展示室開館時間
   午前11時から午後6時まで

・休館日
   毎週水曜日(祝日の場合は直後の最初の平日)、12月27日から1月1日

・展示室入場料金
   大  人 400円(320円)
   高・大学生250円(200円)
   小・中学生120円(100円)
    ※( )内は、20名以上の団体及び公演入場者の料金
   注)公演入場者とは、展示室に入場する日にレッスンルーム又は午後6時以降に小演芸場で
     行われる公演入場者(予定者含む)をいう

お申込み方法
お申込みは不要です。
ただし、展示室入場料金が必要となります。
ぜひワッハ上方展示室にお越しください。

お問合せ窓口〒542-0075
  大阪市中央区難波千日前12-7 YES・NAMBAビル
     大阪府立上方演芸資料館(ワッハ上方)
TEL:06-6631-0884


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。