八十八&一二三の文楽れんらくちょう

人形浄瑠璃文楽に関する情報を集めております。 情報お待ちいたしております。

カレンダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


【よみうりオンライン】大阪市の補助金削減問題、前ユネスコ事務局長・松浦晃一郎氏に聞く

【よみうりオンライン】より。

大阪市の補助金削減問題、前ユネスコ事務局長・松浦晃一郎氏に聞く(2012年3月19日 読売新聞)

 橋下徹大阪市長が打ち出した文楽協会への補助金削減で人形浄瑠璃文楽が揺れている。

 伝統芸能と文化行政の関係はどうあるべきか。国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)で、文楽や歌舞伎、能の無形文化遺産登録に尽力した松浦晃一郎・前ユネスコ事務局長に思いを聞いた。

 「ユネスコの事務局長に選ばれる際の公約の一つが無形文化遺産の重視だった。それまでは西欧中心の有形文化遺産が軸で、サハラ以南のアフリカやアジアの芸能などの無形文化に目が向かなかった。幸い日本には『人間国宝』という制度があり、その考え方を世界に広めようと思った」

 「駐仏大使時代、文楽が来仏して『曽根崎心中』を上演したが、字幕であっても観客が涙を流す光景を見て、心底感動した。他国の文化への尊敬心を持つフランス国民も素晴らしいが、日本には世界に誇る無形遺産があると確信した。歌舞伎も同時期にフランスで公演を行い、先日亡くなった中村雀右衛門と中村富十郎の舞台に、現地の人は盛大な拍手を送った。そんな経験が、ユネスコでの仕事につながったように思う」

 「今回の文楽に関しては、大阪市の補助金の問題になっているが、私は国が積極的に文化予算を増やすべきだと思う。他国に比べて日本の予算は少なすぎる。民間の寄付の優遇制度も整っておらず、仏や韓国に比べて格段に少ない。財政赤字で予算は厳しいだろうが、『無形文化遺産』は世界的に普遍的な価値を持つという意味であり、世界の宝。大阪だけではなく、日本全体で支えるべきだ。大阪だけの問題ではない」

 「フランスは、文化を経済と同等の価値を持つ力と認識していて、文化力を国力に転化している。日本も10年、20年、100年の計として考えるべきで、短期的な結果を求めず、未来を見据えて守り、育てたい。日本が得意とするアニメや現代美術も同様。国民のコンセンサス(意見の一致)を得て文化行政を積極的に進めるべき時ではないか」(塩崎淳一郎)

 文楽協会への補助金削減 橋下市長は府知事時代に文楽協会(大阪)への補助を減額。市の2012年度当初予算案でも補助金凍結を打ち出した。人間国宝の竹本住大夫(太夫)や吉田簑助(人形遣い)らが再考を求める文書を公表している。

◇  ◇  ◇  ◇
 松浦氏は外務省入省後、駐仏大使を経て1999年にユネスコ(パリ)事務局長に就任。「無形文化遺産保護の条約」を2006年に発効させるなど、世界的な文化行政を推進。09年、文楽、能、歌舞伎が無形文化遺産に登録されたのちに退任した。


1人でも多くの方に文楽関連情報をお届けしたく、ランキング参加中です。
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へにほんブログ村
FC2 Blog Ranking


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。